ホーム > LFJ2016 聴けるプログラム



【ルネ・マルタン 今日の一言】
初期の精神性を維持することこそが、企画の継続につながっていくのです。
どんなビジネスであっても、当初の狙いが外れてしまい、思ったような収益が上げられない、集客がうまく行かない、といったことは、多くの人に経験があることだろう。ルネは、失敗に対してはこれまでどのように対処してきたのだろう。… 続きを読む(別画面が開きます)

  
     

ラ・フォル・ジュルネとは

フランス北西部の港町ナントで、1995年に誕生したクラシック音楽祭。
クラシック音楽の常識を覆すユニークなコンセプトに貫かれ、「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」のネーミングそのまま、ヨーロッパの数ある音楽祭の中でもっともエキサイティングな展開を見せている。

毎年、作曲家、ジャンル等で特定のテーマを設定し、会場となるナント市のコンベンションセンター「シテ・デ・コングレ」では、朝から晩まで9つの会場で同時併行的に数百の公演が繰り広げられる。
演奏者は、旬の若手やビッグネームがずらりと並び、しかも、アーティスティック・ディレクター、ルネ・マルタン氏の「一流の演奏を低料金で提供することによって、明日のクラシック音楽を支える新しい聴衆を開拓したい」という考えに基づき、入場料は6~22EURO(700円~3,000円)という驚きの低価格に抑えられている。来場者の6割はクラシックコンサート初体験者で、またキッズプログラムも充実し子供たちも多数参加している。

2000年からポルトガル・リスボン、2002年からはスペイン・ビルバオでも開催され、いずれも大成功を収めている。日本では、2005年より東京国際フォーラムで開始されたのを皮切りに、2016年は全国4ヶ所で開催され、クラシック音楽界にセンセーションを巻き起こしている。

ナクソス・ミュージック・ライブラリーの「聴けるプログラム」とは

「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」(NML)は、クラシック音楽を中心に扱うレコードレーベル/ディストリビューター「ナクソス(Naxos)」(本社:香港)の日本における拠点「ナクソス・ジャパン株式会社」が運営する、クラシック専門のストリーミング形式の定額制音楽配信サービスです。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016の有料公演で演奏される総楽曲数は数百に上りますが、NMLはそのほとんどをカバーする録音源を有しています。NMLに入会すれば、対象作品を含めたサービス内の全150万曲がストリーミング方式で聴き放題で、いつでも何度でも聴くことができます。(NMLの会員でない場合、無料キャンペーン期間中を除き、各曲の冒頭30秒のみお聴きいただけます)
※「聴けるプログラム」上で聴ける録音の演奏者は、「熱狂の日」音楽祭の出演者とは異なります。

「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」(NML)に入会する


※本年より、スマートフォン/タブレットの内蔵ブラウザからも「聴けるプログラム」がご利用いただけます!
 「聴けるプログラム」のフル機能をスマートフォン/タブレットからもお楽しみ下さい。

 (NML専用アプリ内での「聴けるプログラム」プレイリストの提供はございません。また、図書館・教育機関からご利用の
  場合は、一部機関を除き、PCからのみのご利用となります)

【非会員の方のご利用について】
NMLの会員でない方が「聴けるプログラム」をご利用される場合、無料でご利用いただけますが、以下のような動作となりますので、何卒ご留意下さい。


  • ログインしない状態で、すぐに音源の再生が可能です。
  • 各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。最初の再生開始から15分に達した時点で「利用終了」の画面が表示されます。
  • 音源の再生途中に、ご利用中の「聴けるプログラム」外のページに移動した場合(「聴けるプログラム」以外のNML内のページも含まれます)や、ブラウザ自体を閉じた場合は、再生が途中で停止します。