ホーム > アルバム > 00028941723925 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番(アシュケナージ/ロイヤル・コンセルトヘボウ管/ハイティンク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
00028941723925
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
ウラディーミル・アシュケナージ Vladimir Ashkenazy , ベルナルド・ハイティンク Bernard Haitink , ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 Royal Concertgebouw Orchestra

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番(アシュケナージ/ロイヤル・コンセルトヘボウ管/ハイティンク)

RACHMANINOV, S.: Piano Concerto No. 3 (Ashkenazy, Royal Concertgebouw Orchestra, Haitink)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/00028941723925

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op. 30

Piano Concerto No. 3 in D Minor, Op. 30

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4513511
**:**
»  I. Allegro ma non tanto
1.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Adagio
2.

-

**:**
»  III. Finale: Alla breve
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2017/04/18
この曲は、第1楽章のピアノの音の出だしが一番大事だと思っているのですが、アシュケナージさんの演奏は速くも遅くもなく、落ち着いた印象で始まります。その後、やや硬質なかっちりとした音色で、この超絶技巧をほしいままにしたラフマニノフの難曲を弾きこんでおり、聴いているものをその場に引き込んで行くような説得力が素晴らしいと思いました。ハイティンク指揮のコンセルトヘボウもどっしりと重厚なサウンドでこれまた素晴らしい。録音もよく、この曲のお勧めの1枚だと思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。