ホーム > アルバム > 00028942360723 マーラー:交響曲第4番(ヴィッテク/ズヴェーデン/ロイヤル・コンセルトヘボウ管/バーンスタイン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
00028942360723
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
伝承 Traditional
アーティスト
ヘルムート・ヴィッテク Helmut Wittek , ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン Jaap van Zweden , レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein , ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 Royal Concertgebouw Orchestra

マーラー:交響曲第4番(ヴィッテク/ズヴェーデン/ロイヤル・コンセルトヘボウ管/バーンスタイン)

MAHLER, G.: Symphony No. 4 (Wittek, van Zweden, Royal Concertgebouw Orchestra, Bernstein)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/00028942360723

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第4番 ト長調

Symphony No. 4 in G Major

録音: June 1987, Live recording, Concertgebouw, Grote Zaal, Amsterdam, Netherlands
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4518267
**:**
»  I. Bedachtig, nicht eilen
1.

-

**:**
»  II. In gemachlicher Bewegung, ohne Hast
2.

-

**:**
»  III. Ruhevoll, poco adagio
3.

-

**:**
»  IV. Sehr behaglich
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 一燈照隅 投稿日:2018/08/02
バーンスタインの晩年の4番。第4楽章が「天上の生活」といわれ、ソプラノの独唱を伴うものですが、この演奏ではボーイ・ソプラノを起用しています。この音源が出た当時、評論家たちは音程が不安定などという理由で、こぞって酷評をしていました。確かにその指摘は正しいし、さらに発音も曖昧で、いくら天使の声といってもボーイ・ソプラノにはきついのかなという印象は否めません。でも、そういう先入観を捨てて聴いてみるとそんなに破綻をきたすほど酷い演奏でもないし、やはり声が若いというのは最大の強みです。ヴォーカル音源で声を作ることができる時代に生きる私たちには違和感は少ないはずです。当時は大失敗だったのかもしれませんが、30年後に聴く私にはとても新鮮な演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。