ホーム > アルバム > 00028948339556 J.S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV 1001, 1002, 1003 (ハーン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
00028948339556
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
アーティスト
ヒラリー・ハーン Hilary Hahn

J.S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV 1001, 1002, 1003 (ハーン)

BACH, J.S.: Sonatas and Partita for Solo Violin, BWV 1001, 1002 and 1003

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/00028948339556

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV 1001

Violin Sonata No. 1 in G Minor, BWV 1001

録音: Fabruary, June 2012 / June 2017, The Fisher Center for the Performing Arts, Sosnoff Theater, Bard College, New York, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6883246
**:**
»  I. Adagio
1.

-

**:**
»  II. Fugue: Allegro
2.

-

**:**
»  III. Siciliana
3.

-

**:**
»  IV. Presto
4.

-

 
**:**
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番 ロ短調 BWV 1002

Violin Partita No. 1 in B Minor, BWV 1002

録音: Fabruary, June 2012 / June 2017, The Fisher Center for the Performing Arts, Sosnoff Theater, Bard College, New York, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6883361
**:**
»  I. Allemanda
5.

-

**:**
»  II. Allemanda - Double
6.

-

**:**
»  III. Corrente
7.

-

**:**
»  IV. Corrente - Double (Presto)
8.

-

**:**
»  V. Sarabanda
9.

-

**:**
»  VI. Sarabande - Double
10.

-

**:**
»  VII. Tempo di Bourrée
11.

-

**:**
»  VIII. Tempo di Bourrée - Double
12.

-

 
**:**
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ短調 BWV 1003

Violin Sonata No. 2 in A Minor, BWV 1003

録音: Fabruary, June 2012 / June 2017, The Fisher Center for the Performing Arts, Sosnoff Theater, Bard College, New York, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6883362
**:**
»  I. Grave
13.

-

**:**
»  II. Fuga
14.

-

**:**
»  III. Andante
15.

-

**:**
»  IV. Allegro
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2018/11/30
《20年の歳月を経て全集完成!》 17歳でリリースしたファーストアルバムが、バッハの無伴奏という衝撃的なデビューをしたヒラリー・ハーン。デビュー盤ではソナタ第3番、パルティータ第1番、第2番の3曲のみを録音しており、残り3曲の録音が長らく出ませんでした。2017年、ついにその沈黙が破られ無伴奏全曲が完成。前作から20年、当時の完璧なテクニックと音楽性にさらに円熟味が加わり、彼女の原点であるバッハの幽玄の世界を全身で感じることが出来ます。夜、じっくりと聴き入りたい極上の一枚です。12月には来日し、無伴奏全曲リサイタル、パーヴォ・ヤルヴィとの共演が予定されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。