ホーム > アルバム > 00028948351886 ドビュッシー/サティ/ラヴェル:ピアノ作品集(ナイトフォール)(アリス=紗良・オット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
00028948351886
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
エリック・サティ Erik Satie , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
アーティスト
アリス=紗良・オット Alice Sara Ott

ドビュッシー/サティ/ラヴェル:ピアノ作品集(ナイトフォール)(アリス=紗良・オット)

Piano Recital: Ott, Alice Sara - DEBUSSY, C. / SATIE, E. / RAVEL, M. (Nightfall)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/00028948351886

全トラック選択/解除

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
夢想
1.

Rêverie

録音: March 2018, Meistersaal, Berlin, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6797168
 
**:**
ベルガマスク組曲

Suite bergamasque

録音: March 2018, Meistersaal, Berlin, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6797169
**:**
»  I. Prélude
2.

-

**:**
»  II. Menuet
3.

-

**:**
»  III. Clair de lune
4.

-

**:**
»  IV. Passepied
5.

-

エリック・サティ - Erik Satie (1866-1925)

**:**
3つのグノシエンヌ - グノシエンヌ第1番(レント)
6.

3 Gnossiennes: No. 1. Lent

録音: March 2018, Meistersaal, Berlin, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6797170
 
**:**
3つのジムノペディ - 第1番 ゆっくりと悩める如く
7.

3 Gymnopédies: No. 1. Lent et douloureux

録音: March 2018, Meistersaal, Berlin, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6797171
 
**:**
3つのグノシエンヌ - グノシエンヌ第1番(レント)
8.

3 Gnossiennes: No. 3. Lent

録音: March 2018, Meistersaal, Berlin, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6797172

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
夜のガスパール

Gaspard de la nuit

録音: March 2018, Meistersaal, Berlin, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6797173
**:**
»  I. Ondine
9.

-

**:**
»  II. Le gibet
10.

-

**:**
»  III. Scarbo
11.

-

 
**:**
亡き王女のためのパヴァーヌ(ピアノ版)
12.

Pavane pour une infante défunte (version for piano)

録音: March 2018, Meistersaal, Berlin, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6797174
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2018/09/21
《メジャー・デビュー10周年!》 今、最も注目され、世界的に活動をしているピアニスト、アリス=紗良・オット。2018年は、ドイツ・グラモドンと専属契約を結びメジャー・デビューをしてから10年。これまでに、ムソルグスキーの「展覧会の絵」チャイコフスキーの協奏曲、リストの協奏曲や超絶技巧練習曲など、大曲をリリースしていましたが、ご紹介のアルバムは8月にリリースされた初の小品集。ドビュッシー、サティ、ラヴェルといったフランスのピアノ作品集。今回のツアーでは、このアルバムの収録曲がメインとなっており、タイトルになっている「ナイトフォール(夕暮れ)」、まさに秋のこの時期にぴったりなアルバムです。
レビュアー: 怪談 投稿日:2018/10/01
久しぶりに紗良様のピアノ拝聴しました。 最近は地方巡業はなさらないのか、ライブでお聴きすることも能わず、寂しい限りです。 今も天使のようなお姿で、素足のまま舞台に出られるのでしょうか。。。 さて今回のアルバム、表題も選曲も秋に良くあってますね。 前半の繊細な表現とScarboで冴え渡る圧倒的な技に、聴く側は問答無用で説得されてしまいます。 ただRavelやDebussy, Satieなどフランスものにはもっと微妙な色合い(ニュアンス)の変化が欲しい。。。 可笑しな例えかもしれませんが、宴会で豪華な料亭の料理に満足しつつも、帰って女房のお茶漬けが恋しくなる気分です。。。 今回は食欲の秋にちなんで、以下と聞き比べつつ、音楽を味覚のように楽しんでは如何でしょう。 特に最後に紹介したalbumは濃厚な味わいをお楽しみ頂けます。 http://ml.naxos.jp/album/825646935772 ... http://ml.naxos.jp/album/CAL1521 ... http://ml.naxos.jp/album/V4854

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。