ホーム > アルバム > 0017922BC ショスタコーヴィチ:交響曲第5番(ザールブリュッケン放送響/ヘルビッヒ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0017922BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich
アーティスト
ギュンター・ヘルビッヒ Günther Herbig , ザールブリュッケン放送交響楽団 Saarbrücken Radio Symphony Orchestra

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番(ザールブリュッケン放送響/ヘルビッヒ)

SHOSTAKOVICH, D.: Symphony No. 5 (Saarbrucken Radio Symphony, Herbig)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/0017922BC

全トラック選択/解除

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
交響曲第5番 ニ短調 Op. 47

Symphony No. 5 in D Minor, Op. 47

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/282369
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Largo
3.

-

**:**
»  IV. Allegro non troppo
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2016/03/28
20世紀から21世紀に生きるものとして、ベルリンの壁崩壊後、同じ東側のショスタコーヴィチが抱いていた「革命」に対する思いをどう感じ、どう表現するのか、興味深く聞いてみました。浮き立つような感情の移入は全くない冷静な客観的な演奏のように感じます。第3楽章のアダージョは静謐な真摯な襟を正すような演奏であり、第4楽章は、書物で革命の功罪を考察するような醒めた印象を受けます。お祭り騒ぎのような「革命」ではありませんが、かえってリアリティがあるように思い感銘を受けます。録音もライブ録音ですが明瞭でこういう演奏も是非聞いていただきたいと思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。