ホーム > アルバム > 0724357418256 マーラー:交響曲第1番「巨人」, 第2番「復活」(ロンドン・フィル/テンシュテット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0724357418256
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
フリードリヒ・ゴットリープ・クレプストック Friedrich Gottlieb Klopstock , 伝承 Traditional
アーティスト
ドリス・ソッフェル Doris Soffel , クラウス・テンシュテット Klaus Tennstedt , エディット・マティス Edith Mathis , ロンドン・フィルハーモニー合唱団 London Philharmonic Choir , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra

マーラー:交響曲第1番「巨人」, 第2番「復活」(ロンドン・フィル/テンシュテット)

MAHLER, G.: Symphonies Nos. 1, "Titan" and 2, "Resurrection" (Tennstedt)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/0724357418256

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1459658
**:**
»  I. Langsam, schleppend - Immer sehr gemachlich
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Kraftig bewegt, doch nicht zu schnell - Trio: Recht gemachlich
2.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen - Sehr einfach und schlicht wie eine Volksweise - Wieder etwas bewegter, wie im Anfang
3.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt - Langsam - Wieder wie zu Anfang - Sturmisch bewegt - Sehr landgam - Tempo I
4.

-

 
**:**
Symphony No. 2 in C Minor, "Resurrection"

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6152089
**:**
»  I. Allegro maestoso
5.

-

Disc 2

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
Symphony No. 2 in C Minor, "Resurrection"

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6152089
**:**
»  II. Andante moderato
1.

-

**:**
»  III. In ruhig fliessender Bewegung
2.

-

**:**
»  IV. Urlicht
3.

-

**:**
»  V. Finale: Im Tempo des Scherzos (Wild herausfahrend) - Langsam - Allegro energico - Langsam
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2014/12/23
89年の復活もナクソスで聞くことが出来ますが、このEMIの復活も聞くことが出来るようになって本当にうれしいです。世評は89年の方に軍配を上げていますが、こちらはダイナミックレンジを広くとっているために普通の音量では音が痩せて聞こえ、ある程度音量を上げるとその良さを知ることが出来ると思います。そして、その良さは、最後の最後、フィナーレの大合唱での絶叫なのです。テンシュテットの熱い指揮によりオケと合唱が渾然となりすさまじい終わり方をしています。まさに魂の叫びと言えるでしょう。是非、スピーカーの音量を出来るだけ大きくして聞いて下さい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。