ホーム > アルバム > 555015-2 キュンネッケ:ピアノ協奏曲/セレナード/ツィゴイネルワイゼン(トリエンドル/ミュンヘン放送管/タイス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
555015-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エドゥアルド・キュンネッケ Eduard Künneke
アーティスト
エルンスト・タイス Ernst Theis , オリヴァー・トリンドル Oliver Triendl , ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra

キュンネッケ:ピアノ協奏曲/セレナード/ツィゴイネルワイゼン(トリエンドル/ミュンヘン放送管/タイス)

KÜNNEKE, E.: Piano Concerto / Serenade / Zigeunerweisen (Triendl, Munich Radio Orchestra, Theis)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/555015-2

全トラック選択/解除

エドゥアルド・キュンネッケ - Eduard Künneke (1885-1953)

**:**
ピアノ協奏曲 Op. 36

Piano Concerto, Op. 36

録音: 29 June - 2 July 2015, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5987652
**:**
»  I. Allegro, un poco moderato
1.

-

**:**
»  II. Moderato
2.

-

**:**
»  III. Lebhaft
3.

-

 
**:**
ツィゴイネルワイゼン

Zigeunerweisen

録音: 29 June - 2 July 2015, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5987655
**:**
»  I. Giocoso
4.

-

**:**
»  II. Allegro
5.

-

**:**
»  III. Allegro non troppo - Presto
6.

-

**:**
»  IV. Allegretto
7.

-

 
**:**
セレナード

Serenade

録音: 29 June - 2 July 2015, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5987656
**:**
»  I. Alla marcia
8.

-

**:**
»  II. Andante con moto
9.

-

**:**
»  III. Scherzo
10.

-

**:**
»  IV. Romanza
11.

-

**:**
»  V. Finale
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/05/01
ドイツで生まれベルリンで学び、音楽をマックス・ブルッフに師事、ベルリンの地方劇場の合唱指揮者を経て作曲家として名声を確立したキュンネッケ。最初のうちは劇音楽を書いていましたが、第一次世界大戦後に務めた劇場で、オペレッタに目覚め、以降は代表作《どこかのいとこ》を始めとしたオペレッタの作曲に生涯を捧げました。しかし、このアルバムに収録されているのは、1920年代を席捲したジャズの影響が感じられる「ピアノ協奏曲」、ブラームスやレーガーの伝統を受け継いだ「セレナード」、ジプシーのメロディを効果的に取り入れた「ツィゴイネルワイゼン」の3曲。どれも「オペレッタ作曲家ではないキュンネッケ」に焦点が当てられています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。