ホーム > アルバム > 555059-2 ベール:喜歌劇「ポーランドの婚礼」(リューピング/ベルンハルト/ゲルトナープラッツ州立歌劇場児童合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
555059-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
ヨーゼフ・ベーア Joseph Beer
作詞家
アルフレート・グリュンヴァルト Alfred Grünwald , フリッツ・レーナー Fritz Löhner-Beda
アーティスト
アレクザンダー・キーヒレ Alexander Kiechle , ミヒャエル・クプファー Michael Kupfer-Radecky , ゲルトナープラッツ州立歌劇場児童合唱団 Gartnerplatz State Theater Children's Chorus , ニコライ・シューコフ Nikolai Schukoff , ベルンハルト・シュピングラー Bernhard Spingler , ウルフ・シルマー Ulf Schirmer , マティアス・ハウスマン Mathias Hausmann , ズザンネ・ベルンハルト Susanne Bernhard , ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra , マルティーナ・リューピング Martina Ruping , フリーデマン・レーリヒ Friedemann Rohlig , フロレンス・ロッソー Florence Losseau

ベール:喜歌劇「ポーランドの婚礼」(リューピング/ベルンハルト/ゲルトナープラッツ州立歌劇場児童合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

BEER, J.: Polnische Hochzeit [Operetta] (Rüping, Bernhard, Gärtnerplatz State Theater Children's Chorus, Munich Radio Orchestra, U. Schirmer)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/555059-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨーゼフ・ベーア - Joseph Beer (1908-1987)

**:**
喜歌劇「ポーランドの婚礼」

Polnische Hochzeit

録音: 21-22 November 2015, Live recording, Munchen, Prinzregententheater, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5194975
**:**
»  Act I: Vorspiel Lange war die Wanderschaft (Boleslav, Stani, Chorus)
1.

-

**:**
»  Act I: Zwischenaktmusik (Boleslav, Stani, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Lieber Onkel
3.

-

**:**
»  Act I: Entrée Wenn die Mädels zur Mazurka geh‘n (Jadja, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Ich sage Dir, Casi
5.

-

**:**
»  Act I: Krakowiak Du hast rote Backen (Suza, Casimir)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 3: So, wir sind da
7.

-

**:**
»  Act I: Entrée Polenland, mein Heimatland (Boleslav, Chorus)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Du bist also Jan
9.

-

**:**
»  Act I: Duet: Schenk mir das Himmelreich (Jadja, Boleslav)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Herr Baron – Entrée Die verflixten Weiber (Staschek)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Mein geliebter Staschek
12.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Dieser Graf
13.

-

**:**
»  Act I: Sextet: Meine kleine Mandoline (Jadja, Suza, Stasi, Boleslav, Casimir, Stani)
14.

-

**:**
»  Act I: Finale: I Also, so gut aufgelegt war ich schon seit meiner letzten Ehescheidung nicht mehr, lieber Freund! (Jadja, Suza, Stasi, Boleslav, Staschek, Casimir, Korrosoff, Oginsky, Stani, Chorus)
15.

-

Disc 2

ヨーゼフ・ベーア - Joseph Beer (1908-1987)

**:**
喜歌劇「ポーランドの婚礼」

Polnische Hochzeit

録音: 21-22 November 2015, Live recording, Munchen, Prinzregententheater, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5194975
**:**
»  Act II: Polonaise and Chorus - Chorabgesang (Oginsky, Chorus)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 8: Nein, ich kann nicht länger
2.

-

**:**
»  Act II: Lied Du bist meine große Liebe (Boleslav, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Hast Du alles vorbereitet, Casi?
4.

-

**:**
»  Act II: Duet: Katzenaugen (Suza, Casimir, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Servus Schwiegersohn
6.

-

**:**
»  Act II Scene 11: Hast Du das gehört
7.

-

**:**
»  Act II: Duet: Herz an Herz (Jadja, Boleslav)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 12: Liebe Freunde
9.

-

**:**
»  Act II: Marschlied Eins, zwei, drei und herunter mit dem Wein (Staschek, Oginsky, Casimir, Korrosoff, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 13: Zum Glück
11.

-

**:**
»  Act II: Buffoduett Muß man denn? (Suza, Casimir)
12.

-

**:**
»  Act II Scene 14: Wo bleibt nur meine Braut
13.

-

**:**
»  Act II: Finale II: Hochzeit, Hochzeit, polnische Hochzeit (Suza, Jadja, Casimir, Oginsky, Boleslav, Staschek, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act III: Introduktion und Reminiszenz Gib mir einen kalten Umschlag (Staschek, Oginsky)
15.

-

**:**
»  Act III Scene 15: Was soll ich
16.

-

**:**
»  Act III: Scene 15a: Der Plan funktioniert
17.

-

**:**
»  Act III: Walzerquartett Das ist der Walzer der Liebe (Jadja, Suza, Boleslav, Casimir)
18.

-

**:**
»  Act III Scene 16: Lieber Freund
19.

-

**:**
»  Act III: Lied und Schlussszene Doch kommt man langsam in die Jahre (Staschek)
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/09/01
1908年、現ウクライナ、リヴィウ州近郊の町チョドロウの裕福な銀行家に生まれたベーアは、10代から作曲を初め、音楽の道を志すのですが、父との約束を守り、リヴィウ大学では法律を専攻、最終試験に合格したとして、音楽と舞台芸術を学ぶ許可を得ます。彼には素晴らしい楽才があったため、直接ヨーゼフ・マルクスのマスター・クラスに直接入ることが出来、父も音楽の道に進むことを許し、晴れてウィーンで活動を始めます。まずは作曲家としてウィーンのバレエ団に参加、ツアーではオーストリアをはじめ、中東まで足を伸ばし見聞を広めました。この時の成果はバレエ「シラーズの王子」として高く評価されます。そんな彼の第2作に当たるのがこの《ポーランドの婚礼》です。1937年にチューリヒで初演されたこの喜歌劇は大評判を得て、瞬く間に8言語に翻訳され、ヨーロッパ中で演奏されることとなります。しかし、ユダヤの血を引いていためベーアはナチスに迫害され、その作品の上演も禁止されてしまいますが、この作品は北欧などで細々と上演され、その名声を保っていました。ジャズ、民族音楽、レハール風の美しいメロディなど様々な要素が盛り込まれた見事な作品を、ウルフ・シルマー率いるミュンヘン放送管弦楽団と選び抜かれたソリストたちによる演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。