ホーム > アルバム > 6.220544 モーツァルト:交響曲集 9 (デンマーク国立室内管/A. フィッシャー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
6.220544
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
デンマーク国立室内管弦楽団 Danish National Chamber Orchestra , アダム・フィッシャー Ádám Fischer

モーツァルト:交響曲集 9 (デンマーク国立室内管/A. フィッシャー)

MOZART, W.A.: Symphonies, Vol. 9 (A. Fischer) - Nos. 31, 33, 34

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/6.220544

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
交響曲第31番 ニ長調 「パリ」 K. 297

Symphony No. 31 in D Major, K. 297, "Paris"

録音: 4-5 October 2010, 21-23 February 2011, Danish Radio Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2471323
**:**
»  I. Allegro assai
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
交響曲第33番 変ロ長調 K. 319

Symphony No. 33 in B-Flat Major, K. 319

録音: 4-5 October 2010, 21-23 February 2011, Danish Radio Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2471324
**:**
»  I. Allegro assai
4.

-

**:**
»  II. Andante moderato
5.

-

**:**
»  III. Menuetto - Trio
6.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro assai
7.

-

 
**:**
交響曲第34番 ハ長調 K. 338

Symphony No. 34 in C Major, K. 338

録音: 4-5 October 2010, 21-23 February 2011, Danish Radio Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2471325
**:**
»  I. Allegro vivace
8.

-

**:**
»  II. Andante di molto più tosto allegretto
9.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
10.

-

 
**:**
交響曲第31番 ニ長調 「パリ」 K. 297 - 第2楽章 アンダンテ(初稿)
11.

Symphony No. 31 in D Major, K. 297, "Paris": II. Andante (first version)

録音: 4-5 October 2010, 21-23 February 2011, Danish Radio Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2471326
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/10/01
大好評、アダム・フィッシャーのモーツァルト(1756-1791)交響曲シリーズも、そろそろ中期の名作の森に入ってきました。今作は実質7番目にあたるアルバムで、1778年から1780年に作曲された3つの作品が収録されています。第31番は「パリ」の愛称で呼ばれる作品で3楽章形式です。第2楽章は通常聴かれる版のほかに、この曲をモーツァルトに作曲依頼したジャン・ル・グロの注文で書き直した「異稿版」があり、このアルバムには異稿版の最初のヴァージョンが収録されているところも注目です。本来、あまり自作に手を入れることのないモーツァルトですが、このような作品も面白いものです。いつものように推進力のある演奏が耳にも鮮やかです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。