ホーム > アルバム > 777122-2 ヘルツォーゲンベルク:交響曲第1番, 第2番(北ドイツ放送フィル/ベールマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777122-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルク Heinrich von Herzogenberg
アーティスト
北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団 North German Radio Philharmonic Orchestra , フランク・ベールマン Frank Beermann

ヘルツォーゲンベルク:交響曲第1番, 第2番(北ドイツ放送フィル/ベールマン)

HERZOGENBERG, H. von: Symphonies Nos. 1 and 2 (North German Radio Philharmonic, Beermann)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/777122-2

全トラック選択/解除

ハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルク - Heinrich von Herzogenberg (1843-1900)

**:**
交響曲第1番 ハ短調 Op. 50

Symphony No. 1 in C Minor, Op. 50

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/729970
**:**
»  I. Adagio - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Allegro agitato
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
交響曲第2番 変ロ長調 Op. 70

Symphony No. 2 in B-Flat Major, Op. 70

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/730003
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Andante quasi allegretto
6.

-

**:**
»  III. Allegro moderato
7.

-

**:**
»  IV. Allegro con brio
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ブラームスと交友関係を結び、互いに認め合っていたというヘルツォーゲンベルクですが、その知名度と作品への理解はまだまだ低いものです。同時代の才能を知るきっかけとして、2つの交響曲は必聴。ドイツ・ロマン派における到達点のひとつだと言えるでしょう。
レビュアー: fenn 投稿日:2013/07/09
CDの紹介によると,全曲世界初録音なのだそうです。ヘルツォーゲンベルクは,ブラームスと交友関係を結び、互いに認め合っていたそうです。また,ドイツ・ロマン派における到達点のひとつだと言えるとも書かれていました。本当だろうか,と半信半疑で聴いてみましたが,確かになかなか味わいの深い,いかにもドイツ音楽らしいきっちりした曲でした。ブラームスっぽくもあり,シューマンっぽくもあり,もしかしたらシューベルトが長生きしていたら,こんな曲を書いたんじゃないかな,と思わせるような曲でした。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。