ホーム > アルバム > 777454-2 ゲンミンゲン:ヴァイオリン協奏曲第1番, 第2番/シュペルガー:到着の交響曲(レッシング/ミュンヘン放送管/シルマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777454-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エルンスト・フォン・ゲンミンゲン Ernst von Gemmingen , ヨハネス・マティアス・シュペルガー Johannes Matthias Sperger
アーティスト
ウルフ・シルマー Ulf Schirmer , ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra , コーリャ・レッシング Kolja Lessing

ゲンミンゲン:ヴァイオリン協奏曲第1番, 第2番/シュペルガー:到着の交響曲(レッシング/ミュンヘン放送管/シルマー)

GEMMINGEN, E. von: Violin Concertos Nos. 1 and 2 / SPERGER, J.M.: Arrival Symphony (Lessing, Munich Radio Orchestra, Schirmer)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/777454-2

全トラック選択/解除

エルンスト・フォン・ゲンミンゲン - Ernst von Gemmingen (1759-1813)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 イ長調

Violin Concerto No. 1 in A Major

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2033013
**:**
»  I. Allegro (Cadenza by Lessing)
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Rondo
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第2番 ハ長調

Violin Concerto No. 2 in C Major

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2034734
**:**
»  I. Allegro moderato (Cadenza by Lessing)
4.

-

**:**
»  II. Andantino cantabile
5.

-

**:**
»  III. Rondo
6.

-

ヨハネス・マティアス・シュペルガー - Johannes Matthias Sperger (1750-1812)

**:**
交響曲 ヘ長調 「到着の交響曲」

Symphony in F Major, "Ankunftssinfonie" (Arrival Symphony)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2034735
**:**
»  I. Andante
7.

-

**:**
»  II. Allegro molto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
誰もが知ってるハイドンの「告別交響曲」。これは曲の終わりに楽団員が次々と退席し、ヴァイオリニストが2人だけ残ることで、雇い主に「家に帰りたい」と訴えるという作戦でしたが、このシュペルガーの交響曲はその逆で、最初はヴァイオリン・デュオで始まり、次々と奏者が増えてくるという趣向です。もう一人の作曲家ゲンミンゲンについては、現在ほとんど知られていません。ビュルテンブルクの騎士の末裔であり、ベルリンで裁判官として働いたという経歴の持ち主です。このヴァイオリン協奏曲は、当時の音楽を上手く取り入れながらも、すでにロマン派の香りを先取りしているものであり、小さな驚きを感じさせずにはおれません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。