ホーム > アルバム > 777523-2 レハール:喜歌劇「ロシアの皇太子」(ミュンヘン放送管/シルマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777523-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
フランツ・レハール Franz Lehár
作詞家
ベーラ・イェンバッハ Bela Jenbach , ハインツ・ライヒェルト Heinz Reichert
アーティスト
アンドレアス・ウィンクラー Andreas Winkler , ウルフ・シルマー Ulf Schirmer , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , フランク・マンホールト Frank Manhold , ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra , アレクサンドラ・ラインプレヒト Alexandra Reinprecht , ヘンリー・ラウダレス Henry Raudales , クリスティーナ・ランツハーマー Christina Landshamer , Robert Andrej Augustin , Matthias Klink , Jutta Neumann

レハール:喜歌劇「ロシアの皇太子」(ミュンヘン放送管/シルマー)

LEHAR, F.: Zarewitsch (Der) [Operetta] (Schirmer)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/777523-2

全トラック選択/解除

Disc 1

フランツ・レハール - Franz Lehár (1870-1948)

**:**
喜歌劇「ロシアの皇太子」

Der Zarewitsch

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/435278
**:**
»  Act I: Introduction (Chorus)
1.

-

**:**
»  Act I: Melodram (Grossfurst, Grafin)
2.

-

**:**
»  Act I: Duet: Schaukle, Liebchen schaukle (Iwan, Mascha)
3.

-

**:**
»  Act I: Einer wird kommen (Sonja)
4.

-

**:**
»  Act I: Wolgalied: Allein! Wieder allein (Zarewitsch)
5.

-

**:**
»  Act I: Finale
6.

-

**:**
»  Act II: Introduction, Lied und Tanz (Zarewitsch, Chorus)
7.

-

**:**
»  Act II: Duet: Hab nur dich allein (Zarewitsch, Sonja)
8.

-

**:**
»  Act II: Napolitana (Zarewitsch)
9.

-

**:**
»  Act II: Duet: Heute Abend komm ich zu dir (Mascha, Iwan)
10.

-

Disc 2

フランツ・レハール - Franz Lehár (1870-1948)

**:**
喜歌劇「ロシアの皇太子」

Der Zarewitsch

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/435278
**:**
»  Act II: Dialog
1.

-

**:**
»  Act II: Das leben ruft, "Waltz Song" (Sonja)
2.

-

**:**
»  Act II: Duet: Liebe mich, kusse mich (Sonja, Zarewitsch)
3.

-

**:**
»  Act II: Finale (Sonja, Zarewitsch, Grossfurst, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act III: Intermezzo appassionato
5.

-

**:**
»  Act III: Lied und Melodram: Kosende Wellen (Zarewitsch, Sonja)
6.

-

**:**
»  Act III: Duet: Kuss mich (Zarewitsch, Sonja)
7.

-

**:**
»  Act III: Duet burlesque: Taglich frische, heisse Liebe (Mascha, Iwan)
8.

-

**:**
»  Act III: Finale (Sonja, Zarewitsch, Grossfurst, Chorus)
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
女性嫌いの皇太子と、それを直すために送りこまれた踊り子(実は高級娼婦)ソーニャ。どんなに燃えあがろうとも、2人の恋は成就することはありません。一度は逃避行を試みるも、父である皇帝の死の知らせを受け、国民のために国へ戻ることを決意する皇太子。涙を隠して見送るソーニャ。オペレッタでありながらもハッピーエンドを迎えることのない、切ないラブ・ストーリーです。1927年に初演されたこの作品、あらすじは1896年初演のジョルダーノ作「マルチェッラ」と良く似ていますが、旋律美の素晴らしさは恐らくレハールに軍配が上がることでしょう。名歌手であるリチャード・タウバーとの共同作業から生まれたもので、甘いテノールを120%生かした歌の数々は、タウバーの愛唱歌にもなり、当時の聴衆を熱狂させたのです。初演から80年近く経っても、作品の魅力は変わることがありません。マティアス・クリンクの甘い歌声と、ウルフ・シルマーのタクトから生み出される魅惑的な響きは現代の聴衆を捉えることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。