ホーム > アルバム > 777680-2 レハール:喜歌劇「公爵の子」(バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777680-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
フランツ・レハール Franz Lehár
作詞家
ヴィクトル・レオン Victor Leon , フランツ・レハール Franz Lehár
アーティスト
ラルフ・ジモン Ralf Simon , ウルフ・シルマー Ulf Schirmer , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra , メアリー・ミルズ Mary Mills , チェン・レイス Chen Reiss , Matthias Klink

レハール:喜歌劇「公爵の子」(バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

LEHAR, F.: Furstenkind (Das) (Munich Radio Orchestra, Schirmer)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/777680-2

全トラック選択/解除

Disc 1

フランツ・レハール - Franz Lehár (1870-1948)

**:**
喜歌劇「公爵の子供」

Das Furstenkind

録音: 28 November 2010, Live recording, Munchen, Prinzregententheater, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3003100
**:**
»  Introduction: Prelude
1.

-

**:**
»  Introduction: Dialog
2.

-

**:**
»  Introduction: Papa, ich bin verliebt (Photini, Bill Harris)
3.

-

**:**
»  Introduction: Mutter ging schlafen (Stavros, Christodulos, Photini)
4.

-

**:**
»  Introduction: Dialog
5.

-

**:**
»  Introduction: Pallikarenlied (Lange, Joahre, Stavros)
6.

-

**:**
»  Introduction: Dialog
7.

-

**:**
»  Introduction: Finale I (Photini, Nydia, Harris, Perikles, Christodulos, Barley, Doktor, Chorus)
8.

-

**:**
»  Introduction: Rauber-Marsch
9.

-

**:**
»  Act I: Ensemble (Stavros, Spiro, Phalatis, Koltzida, Tamburis, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act I: Dialog
11.

-

**:**
»  Act I: Kindchen, sei hubsch brav (Mary-Ann)
12.

-

Disc 2

フランツ・レハール - Franz Lehár (1870-1948)

**:**
喜歌劇「公爵の子供」

Das Furstenkind

録音: 28 November 2010, Live recording, Munchen, Prinzregententheater, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3003100
**:**
»  Act I: Dialog
1.

-

**:**
»  Act I: Ich diene so gerne den Damen (Mary-Ann, Stavros)
2.

-

**:**
»  Act I: Dialog
3.

-

**:**
»  Act I: Szene (Mary-Ann, Stavros)
4.

-

**:**
»  Act I: Dialog
5.

-

**:**
»  Act I: Ensemble (Mary-Ann, Gwendolyne, Doktor, Stavros)
6.

-

**:**
»  Act I: Wusstest du, Madchen, wie wohl das tut (Mary-Ann, Stavros)
7.

-

**:**
»  Act I: Dialog
8.

-

**:**
»  Act I: Ensemble (Stavros, Prikles, Rauber, Gendarmen)
9.

-

**:**
»  Act I: Dialog
10.

-

**:**
»  Act I: Finale II (Mary-Ann, Photini, Gwendolyne, Harris, Stavros, Spiro, Doktor, Tamburis)
11.

-

**:**
»  Act I: Resignation
12.

-

**:**
»  Act II: Dialog
13.

-

**:**
»  Act II: Quintet: Walzer, wer hat dich wohl erdacht? (Mary-Ann, Photini, Gwendolyne, Harris, Doktor)
14.

-

**:**
»  Act II: Dialog
15.

-

**:**
»  Act II: Jung und Alt (Mary-Ann, Stavros)
16.

-

**:**
»  Act II: Dialog
17.

-

**:**
»  Act II: Melodram
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/04/01
レハール(1870-1948)の「公爵の子」は1909年に初演された作品ですが、現在では全くと言ってよいほど知られていません。をれは、前年に初演された「メリー・ウィドウ」に比べ、まるで「レハール」らしくなく、美しいメロディもあることはあっても、どれもがジングシュピール調で、「人々がオペレッタに期待する」魅力的なダンスや甘い雰囲気が少々不足しているからに他なりません。舞台そのものは大きな成功を収めることはありませんでしたが、観方を変えると、当時の時流に乗った先端の音楽を書こうと試みたレハールの実験的な作品として楽しめるのではないでしょうか?ウルフ・シルマーの確実な指揮と、ミュンヘン放送管弦楽団の見事な演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。