ホーム > アルバム > 777727-2 ウェーバー:歌劇「シルヴァーナ」(ロート/カウネ/ボトマー/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777727-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
カール・マリア・フォン・ウェーバー Carl Maria von Weber
作詞家
Franz Carl Hiemer
アーティスト
レア・マーレン・ヴォイタク Lea Marlen Woitack , ミカエラ・カウネ Michaela Kaune , イネス・クラップ Ines Krapp , イェルク・シェルナー Jorg Schorner , ウルフ・シルマー Ulf Schirmer , マルコ・チリック Marko Cilic , タレク・ナズミ Tareq Nazmi , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , アンドレアス・ブルクハルト Andreas Burkhart , サイモン・ポーリー Simon Pauly , フェルディナント・フォン・ボトマー Ferdinand von Bothmer , ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra , デトレフ・ロート Detlef Roth

ウェーバー:歌劇「シルヴァーナ」(ロート/カウネ/ボトマー/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

WEBER, C.M. von: Silvana [Opera] (D. Roth, Kaune, Bothmer, Bavarian Radio Chorus, Munich Radio Orchestra, U. Schirmer)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/777727-2

全トラック選択/解除

Disc 1

カール・マリア・フォン・ウェーバー - Carl Maria von Weber (1786-1826)

**:**
歌劇「シルヴァーナ」 J. 87 (1810年オリジナル版)

Silvana, J. 87 (original 1810 version)

録音: 17-18 April 2010, Prinzregententheater, Munchen
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4130751
**:**
»  Ouverture
1.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Erzahler)
2.

-

**:**
»  Act I: Introduktion: Das Hifthorn schallt durch Berg und Wald (Chorus, Fust)
3.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Erzahler, Krips, Silvana)
4.

-

**:**
»  Act I: Aria: Liegt so ein Untier ausgestreckt (Krips)
5.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Fust, Erzahler)
6.

-

**:**
»  Act I: Halloh, halloh! Im Wald nur lebt sich's froh! (Chorus)
7.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Rudolph, Erzahler)
8.

-

**:**
»  Act I: Recitativo: Arme Mechtilde! (Rudolph)
9.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Krips, Rudolph)
10.

-

**:**
»  Act I: Duetto: So geh' und fuhr' aus jener Hohle das Madchen her (Rudolph, Krips)
11.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Krips)
12.

-

**:**
»  Act I: Arietta: Ein Madchen ohne Mangel… (Krips)
13.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Krips)
14.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Rudolph, Silvana, Krips)
15.

-

**:**
»  Act I: Scena: Willst du nicht diesen Aufenthalt… (Rudolph)
16.

-

**:**
»  Act I: Auftritt (Rudolph, Fust, Silvana)
17.

-

**:**
»  Act I: Finale: Geniesst, jedoch bescheiden (Rudolph, Chorus)
18.

-

**:**
»  Act II: Duetto: Wag' es, mir zu widerstehen (Adelhart, Mechtilde)
19.

-

**:**
»  Act II: Auftritt (Adelhart, Mechtilde)
20.

-

**:**
»  Act II: Recitativo und Aria: Weh mir, es ist geschehen (Mechtilde)
21.

-

Disc 2

カール・マリア・フォン・ウェーバー - Carl Maria von Weber (1786-1826)

**:**
歌劇「シルヴァーナ」 J. 87 (1810年オリジナル版)

Silvana, J. 87 (original 1810 version)

録音: 17-18 April 2010, Prinzregententheater, Munchen
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4130751
**:**
»  Act II: Auftritt (Klara, Mechtilde)
1.

-

**:**
»  Act II: Auftritt (Erzahler, Kurt, Albert)
2.

-

**:**
»  Act II: Quartetto: Mechtilde! (Albert, Mechtilde, Clarchen, Kurt)
3.

-

**:**
»  Act II: Auftritt (Albert, Mechtilde, Kurt, Klara)
4.

-

**:**
»  Act II: Auftritt (Erzahler, Silvana, Rudolph)
5.

-

**:**
»  Act II: Scena
6.

-

**:**
»  Act II: Auftritt (Rudolph, Silvana)
7.

-

**:**
»  Act II: Aria: Ich liebe dich! (Rudolph)
8.

-

**:**
»  Act II: Auftritt (Krips, Rudolph)
9.

-

**:**
»  Act II: Auftritt (Krips)
10.

-

**:**
»  Act II: Sah ich sonst ein Madchen bescheiden und stumm (Krips)
11.

-

**:**
»  Act II: Auftritt (Erzahler)
12.

-

**:**
»  Act II: Finale: Triumph, Triumph dem Krieger (Chorus, Adelhart, Herold, Mechtilde, Rudolph)
13.

-

**:**
»  Act III: Introduzione: Wie furchtbar die Wolken sich schwarzen! (Chorus, Albert)
14.

-

**:**
»  Act III: Auftritt (Kurt, Albert, Ulrich, Fust, Erzahler)
15.

-

**:**
»  Act III: Aria: Welch schrecklich Los fiel mir vom Himmel zu! (Adelhart)
16.

-

**:**
»  Act III: Auftritt (Adelhart, Silvana)
17.

-

**:**
»  Act III: Terzetto: Nieder mit ihr! (Adelhart, Mechtilde, Rudolph)
18.

-

**:**
»  Act III: Auftritt (Adelhart, Albert, Silvana, Ulrich)
19.

-

**:**
»  Act III: Finale: Mit dem Liebesgott im Bunde (Chorus)
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/01/09
ウェーバーの知られざるオペラ「シルヴァーナ」の初演版の初録音です。1810年9月16日にフランクフルトで初演されたこの作品は、もともと1800年に初演された歌劇「森の娘」(こちらは断片のみ残存)の台本を用いた、「英雄的」なストーリーを持つものですが、その後11年を経て、「魔弾の射手」が上演される際に再度手を加えたものが上演されました。しかし、残念なことに「魔弾の射手」の爆発的な人気の影に隠れてしまい、すっかり忘れられてしまったのです。現在では序曲と、このオペラの素材を使ったクラリネットのための変奏曲が知られているのみ。今回のこの録音にあたっては、様々な資料を検討し、最良の形で上演を試みていたということで、ウェーバーの溢れ出るような美しいメロディと、物語を楽しむことができるはずです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。