ホーム > アルバム > 777746-2 シュポア:交響曲集 5 - 第7番, 第9番(北ドイツ放送フィル/グリフィス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777746-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルイ・シュポア Louis Spohr
アーティスト
北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団 North German Radio Philharmonic Orchestra , ハワード・グリフィス Howard Griffiths

シュポア:交響曲集 5 - 第7番, 第9番(北ドイツ放送フィル/グリフィス)

SPOHR, L.: Symphonies, Vol. 5 (North German Radio Philharmonic, Griffiths) - Nos. 7 and 9

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/777746-2

全トラック選択/解除

ルイ・シュポア - Louis Spohr (1784-1859)

**:**
交響曲第7番 ハ長調 「人生の世俗と神聖」 Op. 121

Symphony No. 7 in C Major, Op. 121, "Irdisches und Gottliches im Menschenleben"

録音: September 2010, April 2011, January-February 2012, Grosser Sendesaal, NDR Landefunkhauses, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4130748
**:**
»  I. Kinderwelt: Adagio - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Zeit der Leidenschaften: Larghetto - Allegro moderato
2.

-

**:**
»  III. Endlicher Sieg des Gottlichen: Presto
3.

-

 
**:**
交響曲第9番 ロ短調 「四季」 Op. 143

Symphony No. 9 in B Minor, Op. 143, "Die Jahreszeiten"

録音: September 2010, April 2011, January-February 2012, Grosser Sendesaal, NDR Landefunkhauses, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4130768
**:**
»  Part I: Der Winter: Allegro maestoso
4.

-

**:**
»  Part I: Der Ubergang zum Fruhling: L'istesso tempo - Der Fruhling: Moderato
5.

-

**:**
»  Part II: Der Sommer: Largo
6.

-

**:**
»  Part II: Einleitung zum Herbst: Allegro vivace - Der Herbst: L'istesso tempo
7.

-

 
**:**
マリエンバートの思い出 Op. 89
8.

Erinnerung an Marienbad, Op. 89

録音: September 2010, April 2011, January-February 2012, Grosser Sendesaal, NDR Landefunkhauses, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4130769
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/01/09
若い頃は優れたヴァイオリニストとして活躍しながら、ゴーダの宮廷楽長に就任し、その後はアン・デア・ウィーン劇場の指揮者を経て、フランクフルト歌劇場の監督へと登りつめたルイ・シュポア。ベートーヴェンとも親しく、当時のヨーロッパの音楽界を席巻していた彼ですが、作品も数多く残しています。もちろんヴァイオリン作品が有名ですが、10曲ある交響曲(第10番は未完)も、当時の様式を遵守しながらも、いくつかの交響曲には標題をつけるなど、常に探究心を怠らない独創的な作品を生み出していたのでした。このアルバムではそんな2つの交響曲を中心に、2つの小品を収録しています。第7交響曲では、2組のオーケストラを用いて各々のパートで発生する「対立」を描くという革新的なことをしています。また第9番は完全な標題音楽であり、冬の厳しさで始まり、春の喜びを描き、夏、秋へと移り変わる季節を賛美した音楽となっています。美しい響きを存分に味わってみてください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。