ホーム > アルバム > 8.110979 J.S. バッハ/タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲集(シゲティ)(1937 - 1954)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110979
CD発売時期
2005年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ジュゼッペ・タルティーニ Giuseppe Tartini , ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
ヨゼフ・シゲティ Joseph Szigeti
アーティスト
ヴァルター・ゲール Walter Goehr , コロンビア交響楽団 Columbia Symphony Orchestra , ヨゼフ・シゲティ Joseph Szigeti , フリッツ・シュティードリー Fritz Stiedry , スタジオ・オーケストラ Studio orchestra , ジョージ・セル George Szell , ニュー・フレンズ・オブ・ミュージック管弦楽団 New Friends of Music Orchestra , カール・フレッシュ Carl Flesch

J.S. バッハ/タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲集(シゲティ)(1937 - 1954)

BACH, J.S. / TARTINI: Violin Concertos (Szigeti) (1937-1954)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.110979

全トラック選択/解除

ジュゼッペ・タルティーニ - Giuseppe Tartini (1692-1770)

**:**
Violin Concerto in D Minor(arr. J. Szigeti)

録音: 6 December 1937
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/87396
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Grave
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
チェンバロ協奏曲 ヘ短調 BWV 1056 - アリオーソ(編曲:J. シゲティ)
4.

Arioso (Largo from Harpsichord Concerto in F Minor, BWV 1056) (arr. J. Szigeti)

録音: 6 December 1937
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/87397
 
**:**
2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV 1043

Concerto for Two Violins and Orchestra in D Minor, BWV 1043

録音: 30 August 1937
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/87400
**:**
»  I. Vivace
5.

-

**:**
»  II. Largo ma non tanto
6.

-

**:**
»  III. Allegro
7.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 BWV 1052

Violin Concerto in D Minor, BWV 1052

録音: 24 April 1940
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/87403
**:**
»  I. Allegro
8.

-

**:**
»  II. Adagio
9.

-

**:**
»  III. Allegro
10.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ト短調 BWV 1056R

Violin Concerto in G Minor, BWV 1056 (restored from Harpsichord Concerto in F Minor, BWV 1056)

録音: 13 January 1954
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/87404
**:**
»  I. Moderato
11.

-

**:**
»  II. Largo
12.

-

**:**
»  III. Presto
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
師ブゾーニに薫陶を受けるにあたり、シゲティは「あなたの芸術がまずあなた自身を満足させること、しかる後に他人を満足させること。」と書き送られ、忠実にその教えを守り成長しました。シゲティは、常に「楽曲はいかにあるべきか?」を念頭において演奏し、それまでのロマン派的行き過ぎ~トリック的な技巧や安っぽい歌いまわしの効果によって聴衆を喜ばせようとはしませんでした。しかしながらその演奏は、決して無味乾燥でも衒学的なものでもなく、聴衆に対する説得力は当代一とも言えるものでした。このCDにはバッハの編曲物が中心になっていますが、無伴奏パルティータでおなじみのあのスタイルが彷彿とされます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。