ホーム > アルバム > 8.110991 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲/ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番(メニューイン/フルトヴェングラー/ミュンシュ)(1951-1952)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110991
CD発売時期
2005年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
マックス・ブルッフ Max Bruch , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
アーティスト
RCAビクター弦楽合奏団 RCA Victor String Orchestra , ヴィルヘルム・フルトヴェングラー Wilhelm Furtwängler , ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berlin Philharmonic Orchestra , ボストン交響楽団 Boston Symphony Orchestra , シャルル・ミュンシュ Charles Munch , ユーディ・メニューイン Yehudi Menuhin

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲/ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番(メニューイン/フルトヴェングラー/ミュンシュ)(1951-1952)

MENDELSSOHN / BRUCH: Violin Concertos (Menuhin) (1951-1952)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.110991

全トラック選択/解除

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲 ニ短調

Violin Concerto in D Minor

録音: 6 February 1952
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/88676
**:**
»  I. Allegro molto
1.

-

**:**
»  II. Andante non troppo
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op. 64

Violin Concerto in E Minor, Op. 64

録音: 25-26 May 1952
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/88677
**:**
»  I. Allegro molto appassionato
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Allegro non troppo - Allegro molto vivace
6.

-

マックス・ブルッフ - Max Bruch (1838-1920)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op. 26

Violin Concerto No. 1 in G Minor, Op. 26

録音: 19 January 1951
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/88678
**:**
»  I. Prelude: Allegro moderato
7.

-

**:**
»  II. Adagio
8.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro energico
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
神童メニューインはわずか8歳にして、古今東西で最も知られているメンデルスゾーンの「ホ短調」協奏曲を弾き、22歳で初録音をしました。生涯4回の録音を残しましたが、このCDに収録されているのは2回目のものです。エネスコ指揮の1回目の録音に比較的高い評価がなされていますが、このフルトヴェングラーとBPOという重鎮オケと若いメニューインとの組み合わせも名高く、特に第3楽章での熱のこもり方が聞き逃せないでしょう。同じくメンデルスゾーンの、珍しい「ニ短調」も取り上げられていますが、これは同じ神童の佳作へのオマージュかもしれません。ブルッフの第1番は天かけるヴァイオリンともいうべき好演で、ミュンシュとの唯一残された録音です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。