ホーム > アルバム > 8.111060 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(バイロイト祝祭管/フルトヴェングラー)(1951)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111060
CD発売時期
2006年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
作詞家
フリードリヒ・フォン・シラー Friedrich von Schiller
アーティスト
オットー・エデルマン Otto Edelmann , エリーザベト・シュヴァルツコップ Elisabeth Schwarzkopf , バイロイト祝祭合唱団 Bayreuth Festival Chorus , バイロイト祝祭管弦楽団 Bayreuth Festival Orchestra , ヴィルヘルム・フルトヴェングラー Wilhelm Furtwängler , エリーザベト・ヘンゲン Elisabeth Hongen , ハンス・ホップ Hans Hopf

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(バイロイト祝祭管/フルトヴェングラー)(1951)

BEETHOVEN: Symphony No. 9 (Furtwangler) (1951)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.111060

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op. 125

Symphony No. 9 in D Minor, Op. 125, "Choral"

録音: 29 July 1951, Festspielhaus, Bayreuth, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/139617
**:**
»  I. Allegro ma non troppo, un poco maestoso
1.

-

**:**
»  II. Molto vivace
2.

-

**:**
»  III. Adagio molto e cantabile
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto -
4.

-

**:**
»  IV. Allegro assai -
5.

-

**:**
»  IV. Presto -
6.

-

**:**
»  IV. Allegro assai vivace -
7.

-

**:**
»  IV. Andante maestoso -
8.

-

**:**
»  IV. Allegro energico, sempre ben marcato -
9.

-

**:**
»  IV. Allegro ma non tanto -
10.

-

**:**
»  IV. Poco allegro stringendo il tempo, sempre più allegro
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: frog 投稿日:2009/12/18
彼の、レナード・バーンスタインは、この曲が書かれ、演奏され続けても、世界は、人間は、どこかで戦争、紛争をし続けている、と、語っていました。争う事、殺しあう事を止めて歌おうよ、素敵な音楽を聴こうよ。友よ、仲間となり、愛し合い、感謝しよう。今年も、年の瀬、アジアの片隅で、世界中で歌われ、音楽に酔わせる、仁徳を持つ人の祈りの歌。音は古いが、何故かNaxosで聴けるようになった超凄演。人類、本当にそう思えば、できるはずだ。そして、来年は、一緒に歌おう!減って行く二酸化炭素のことなど気にしないで。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
録音史上、もっとも名演とされている「バイロイトの第9」。数多く復刻される中、その音質についても熱い論議がなされていますが、NAXOSはオバート=ソーンの手によって、ヒス・ノイズの極めて少なくダイナミックレンジの広い盤を復刻しました。シンバルの音に多少のくぐもりがあるも、弦の細部の音~微妙なポルタメントなどの表現、中低音の金管、そして歌手達の声を生かすことに成功しています。とりわけ2006年8月3日に亡くなったシュヴァルツコップフを含めたスター歌手4人の声と、合唱団の底力を堪能することができる点においては、文句なしに既存盤と肩を並べるできばえといえるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。