ホーム > アルバム > 8.120751 ハリー・ローダー:「ローミン・イン・ザ・グローミン」オリジナル・レコーディングス1926-1930

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120751
CD発売時期
2004年4月
資料
ジャンル
ノスタルジア
カテゴリ
ノスタルジア
作曲家
ギルバート・ウェルズ Gilbert Wells , ジョン・ローダー John Lauder , William Dillon , Fred Elton , Frank Folloy , Gerald Grafton , Harry Lauder
アーティスト
レイ・ノーブル Ray Noble , ジョージ・W・ビング George W. Byng , ロザリオ・ブールドン Rosario Bourdon , レイ・ノーブル管弦楽団 Ray Noble Orchestra , ロザリオ・ブールドン管弦楽団 Rosario Bourdon Orchestra , George Byng Orchestra , Harry Lauder

ハリー・ローダー:「ローミン・イン・ザ・グローミン」オリジナル・レコーディングス1926-1930

LAUDER, Harry: Roamin' in the Gloamin' (1926-1930)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.120751

全トラック選択/解除

Harry Lauder (1870-1950)

**:**
Roamin' in the Gloamin'
1.
録音: 3 March 1926, Hayes
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42599
**:**
Breakfast in Bed on Sunday Morning
2.
録音: 2 November 1926, Camden, New Jersey
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42600

Harry Lauder (1870-1950) / Frank Folloy

**:**
Stop Your Tickling, Jock
3.
録音: 27 December 1926, Camden, New Jersey
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42601
**:**
I Love a Lassie (My Scotch Blue Bell)
4.
録音: 3 March 1926, Hayes
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42602

Harry Lauder (1870-1950)

**:**
It's Nice to Get Up in the Morning (But It's Nicer to Lie in Bed)
5.
録音: 3 March 1926, Hayes
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42603
 
**:**
Soosie McLean
6.
録音: 1 November 1926, Camden, New Jersey
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42604
 
**:**
I Love to Be a Sailor
7.
録音: 27 May 1930, Hayes
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42605
 
**:**
There is Somebody Waiting for Me
8.
録音: 1 November 1926, Camden, New Jersey
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42606
 
**:**
She's the Lass for Me
9.
録音: 27 May 1930, Hayes
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42607

Harry Lauder (1870-1950) / ギルバート・ウェルズ - Gilbert Wells / Fred Elton

**:**
The Wee Hoose 'Mang the Heather
10.
録音: 2 November 1926, Camden, New Jersey
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42608

Harry Lauder (1870-1950) / ジョン・ローダー - John Lauder

**:**
When I Met MacKay
11.
録音: 5 March 1926, Hayes
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42609

Harry Lauder (1870-1950)

**:**
Doughie the Baker (It's Nicer When You Make It Up Again)
12.
録音: 3 March 1926, Hayes
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42610
 
**:**
Just Got Off the Chain
13.
録音: 20 May 1927, London, England
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42611
 
**:**
That's the Reason Noo I Wear a Kilt
14.
録音: 17 May 1928, Hayes
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42612

Harry Lauder (1870-1950) / William Dillon (1877-1966)

**:**
The End of the Road
15.
録音: 1 November 1926, Camden, New Jersey
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42613
**:**
A Wee Deoch an' Doris
16.
録音: 1 November 1926, Camden, New Jersey
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/42614
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
このジャケット写真を見て、「ひょっとして指圧の達人?」と思った人はいませんか? 実は、この方、スコットランド出身で、1919年にはナイトに叙せられたサー・ハリー・ローダーという御仁なのです。20世紀初頭のロンドンのミュージック・ホールで大人気を博し、膨大なSP録音を残したことでも知られています。その陽気な快男児が歌う数々のナンバーは、いずれものんきで前向きなものばかり!第2次大戦中の厳しい情勢の中で、チャーチル首相がローダーの《ジ・エンド・オブ・ザ・ロード》を繰り返し聴いたことでも有名です。もちろん、愉快なトークや笑い声入りの録音も収録。まさに、「笑う門には福来る」を地でいくアルバムになっています!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。