ホーム > アルバム > 8.224706 S. ニールセン:蝶の谷(12人の独唱によるレクイエム)(ヴェート)

S. ニールセン:蝶の谷(12人の独唱によるレクイエム)(ヴェート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.224706
CD発売時期
2007年6月
資料
ジャンル
クラシック, 朗読
カテゴリ
スポークン・ドキュメンタリー, 宗教
作曲家
スヴェン・ニールセン Svend E. Nielsen
アーティスト
アルス・ノヴァ・コペンハーゲン Ars Nova Copenhagen , タマシュ・ヴェート Tamas Veto , インガー・クリステンセン Inger Christensen

S. ニールセン:蝶の谷(12人の独唱によるレクイエム)(ヴェート)

NIELSEN: Sommerfugledalen

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.224706

全トラック選択/解除

スヴェン・ニールセン - Svend E. Nielsen (1937-)

**:**
Sommerfugledalen (Butterfly Valley)

録音: June 2006, Mariendal Kirke, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/170780
**:**
»  Part I: I. Yndefuldt
1.

-

**:**
»  Part I: II. Elskvaerdigt
2.

-

**:**
»  Part I: III. Slimet
3.

-

**:**
»  Part I: IV. Filtret
4.

-

**:**
»  Part I: V. Flagrende (leggiero) distinkt
5.

-

**:**
»  Part I: VI. Svaevende
6.

-

**:**
»  Part I: VII. Sogende
7.

-

**:**
»  Part II: VIII. Semplice, som en fjern koral, molto sostenuto
8.

-

**:**
»  Part II: IX. Mumlende
9.

-

**:**
»  Part II: X. Sostenuto, tovende
10.

-

**:**
»  Part II: XI. Dolce
11.

-

**:**
»  Part II: XII. Indadvendt
12.

-

**:**
»  Part II: XIII. Dansende
13.

-

**:**
»  Part II: XIV. Stovet
14.

-

**:**
»  Part II: XV. quarter note = 76
15.

-

 
**:**
Inger Christensen reads Sommerfugledalen
16.
録音: June 2006, Mariendal Kirke, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/175830
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
コペンハーゲンにつぐデンマーク第2の都市オーフス。ここの王立音楽アカデミーで作曲理論を教えているスヴェン・ニルセン(1937- )は現在デンマークで最も重要な作曲家の一人です。彼の作品は十二音技法を駆使したアヴァンギャルドなものも多いのですが、その反面叙情的な作風の曲も書いていて、殊に声楽曲にはタイトルも内容もロマンティックな作品が見受けられます。この「蝶の谷」は彼の声楽作品の中でもとりわけ重要な位置を占めています。イングラー・クリステンセンの14の小さいソネットを用いた演奏時間50分を要する大作で、ニルセンはこれを作曲するために6年の歳月をかけています。曲は12人の独唱者の歌のみで奏されます。各々の歌い手の声が溶け合い醸し出す夢幻的な響きの甘美なこと! 癒し系のサウンドとしても受け入れられるかも知れません。ブックレットに挿入された蝶の色とりどりの写真も、曲の味わいを深めることでしょう。このアルバムには末尾には作詞者本人によるソネットの朗読が添えられています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。