ホーム > アルバム > 8.226019 シュッツ:ルカ受難曲(リンデロート/イェスペルセ/アルス・ノーヴァ・コペンハーゲン/ヒリアー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226019
CD発売時期
2005年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ハインリヒ・シュッツ Heinrich Schütz
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament
アーティスト
アルス・ノヴァ・コペンハーゲン Ars Nova Copenhagen , ヤコブ・ブロック・イェスペルセン Jakob Bloch Jespersen , ポール・ヒリアー Paul Hillier , ヨーハン・リンデロース Johan Linderoth

シュッツ:ルカ受難曲(リンデロート/イェスペルセ/アルス・ノーヴァ・コペンハーゲン/ヒリアー)

SCHUTZ, H.: Lukas-Passion (St. Luke Passion) (Linderoth, Jespersen, Ars Nova Copenhagen, Hillier)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.226019

全トラック選択/解除

ハインリヒ・シュッツ - Heinrich Schütz (1585-1672)

**:**
ルカ受難曲 SWV 480

Lukas-Passion, SWV 480

録音: 10-11 April 2007, St. Pauls Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/289468
**:**
»  Das Leiden unsers Herren Jesu Christi (Chorus)
1.

-

**:**
»  Es war aber nahe das Fest der sussen Brot (Evangelist, The Disciples, Jesus, Peter)
2.

-

**:**
»  Und er ging hinaus nach seiner Gewohnheit (Evangelist, Jesus, The Disciples, The Maid, Peter, A Boy, Another Boy)
3.

-

**:**
»  Die Manner aber, die da Jesum hielten (Evangelist, Jews, High Priests, Jesus)
4.

-

**:**
»  Und der ganze Haufe stund auf (Evangelist, High Priests, Pilate, Jesus, Crowd)
5.

-

**:**
»  Aber sie lagen ihm an mit grossen Geschrei (Evangelist, Jesus, Rulers, Soldiers, Malefactors)
6.

-

**:**
»  Da aber der Hauptmann sahe (Evangelist, Centurion)
7.

-

**:**
»  Wer Gottes Marter in Ehren hat (Chorus)
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
当時としてはかなりの長命を誇ったシュッツ。彼の傑作であるマタイ、ヨハネの2つの受難曲はどれも80歳を過ぎてから作曲されたことにも驚きを禁じ得ません。このルカ受難曲はもう少し若い(と、いっても70歳近い)頃の作品で、バッハの同名の作品と比べると、無伴奏合唱のみを用いた「こじんまりとしたもの」として感じられることでしょう。当時は受難の週には歌舞音曲は忌避事項とされたためもありますが、もしかすると美しく年を重ねたシュッツにはきらびやかな音色は必要なかったのかもしれません。演奏はポール・ヒリヤー率いるアルス・ノヴァ・コペンハーゲン。これがシュッツ作品集の第1集になるということで、今後も楽しみが続きそうです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。