ホーム > アルバム > 8.226067 ノアゴー:海流/ノーヴァ・ゲニトゥラ/フォンス・ラエティティア(ヴィスト/シュレイバー/ソンダーガード/レーニング)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226067
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ペア・ノアゴー Per Nørgård
作詞家
不詳 Anonymous , ウォルト・ホイットマン Walt Whitman
アーティスト
ベンテ・ヴィスト Bente Vist , カスパー・シュレイバー Casper Schreiber , トマス・セナゴー Thomas Søndergård , ゲルト・セアンセン Gert Sorensen , フランス・ハンセン Frans Hansen , フレードリク・ボック Fredrik Bock , トーケ・モルドロップ Toke Moldrup , アラン・ラムスッセン Allan Rasmussen , ティーネ・レーリング Tine Rehling , ブーディル・ローベク Bodil Rorbech , ニコライ・ロニムス Nikolaj Ronimus , Marit Ernst

ノアゴー:海流/ノーヴァ・ゲニトゥラ/フォンス・ラエティティア(ヴィスト/シュレイバー/ソンダーガード/レーニング)

NORGARD, P.: Seadrift / Nova Genitura / Fons Laetitiae (Vist, Schreiber, Sondergard, Rehling)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.226067

全トラック選択/解除

ペア・ノアゴー - Per Nørgård (1932-)

**:**
ノーヴァ・ゲニトゥラ
1.

Nova Genitura

録音: 10 September 2007, Soundtrack Studio, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/286182
 
**:**
海流

Seadrift

録音: 1 April 2006, Soundtrack Studio, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/286183
**:**
»  I. Being Together
2.

-

**:**
»  II. Torn Apart
3.

-

 
**:**
フォンス・ラエティティア
4.

Fons Laetitiae

録音: 19 January 2005, Mox Studio, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/286184
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
こちらもノアゴーの作品集。交響曲に比べ編成は小さいのですが、やはり人知を超越した音が広がっているところはさすがノアゴーです。「ノーヴァ・ゲニトゥラ」では交響曲第3番と同じく“Ave Maris Sttella”が歌詞として使われています。ハープシコードやリュート、リコーダーを用いた古風な音によるグロテスクな響きと聖なる響きが混在した逸品です。「海流」も同じく茫洋とした音の渦に巻き込まれているだけで不思議に心が落ち着くでしょう。「フォンス・ラエティティア」で使われているのも“Ave Maris Sttella”。ソプラノとハープの幻想的な対話です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。