ホーム > アルバム > 8.226093 シュッツ:十字架上のキリストの最後の7つの言葉/ヨハネ受難曲(ヒリアー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226093
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ハインリヒ・シュッツ Heinrich Schütz
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , 聖書 Bible
アーティスト
アルス・ノヴァ・コペンハーゲン Ars Nova Copenhagen , ヤコブ・ブロック・イェスペルセン Jakob Bloch Jespersen , エルセ・トープ Else Torp , サラ・パール Sarah Perl , ポール・ヒリアー Paul Hillier , レイフ・メイエ Leif Meyer , ユリアーネ・ラーケ Juliane Laake , アダム・リース Adam Riis , ヨーハン・リンデロース Johan Linderoth , エリック・リンドブロム Eric Lindblom , リネア・ロンホルト Linnea Lomholt , Erik Bjorkqvist , Ian Price

シュッツ:十字架上のキリストの最後の7つの言葉/ヨハネ受難曲(ヒリアー)

SCHUTZ, H.: Sieben Worte Jesu Christi am Kreuz (Die) / Johannes-Passion (Hillier)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.226093

全トラック選択/解除

ハインリヒ・シュッツ - Heinrich Schütz (1585-1672)

**:**
十字架上のキリストの最後の七つの言葉 SWV 478

Die sieben Worte Jesu Christi am Kreuz, SWV 478

録音: 27-29 August 2009, Garnisonskirken, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/404889
**:**
»  Introitus: Da Jesus an dem Kreuze stund
1.

-

**:**
»  Symphonia
2.

-

**:**
»  Und es war um die dritte Stunde (Evangelist)
3.

-

**:**
»  Es stund aber bei dem Kreuze Jesu seine Mutter (Evangelist)
4.

-

**:**
»  Aber der Ubeltater einer (Evangelist)
5.

-

**:**
»  Und um die neunte Stunde schrie Jesus laut (Evangelist)
6.

-

**:**
»  Darnach als Jesus wusste, dass schon alles vollbracht (Evangelist)
7.

-

**:**
»  Und einer aus den Kriegesknechten (Evangelist)
8.

-

**:**
»  Und abermal rief Jesus Laut (Evangelist)
9.

-

**:**
»  Symphonia
10.

-

**:**
»  Conclusio
11.

-

 
**:**
ヨハネ受難曲 SWV 481

Johannes-Passion, SWV 481

録音: 5-7 June 2009, St. Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/404890
**:**
»  Eingang
12.

-

**:**
»  Introitus: Das Jesus solches geredet hatte (Evangelist)
13.

-

**:**
»  Die Schar aber und der Oberhauptmann (Evangelist)
14.

-

**:**
»  Da furten sie Jesum von Kaipha (Evangelist)
15.

-

**:**
»  Da nahm Pilatus Jesum (Evangelist)
16.

-

**:**
»  Da ihn die Hohenpriester und die Diener sahen (Evangelist)
17.

-

**:**
»  Sie nahmen aber Jesum (Evangelist)
18.

-

**:**
»  Beschluss
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
ARS NOVAコペンハーゲンとポール・ヒリアーによるシュッツの第3弾です。1645年頃に作曲された「十字架上~」は、シュッツの数ある作品の中でも最高傑作として評価されるものです。20分程度の小さな曲ながら、ゴルゴダの丘で処刑されたイエスのドラマを簡潔に、かつ暖かい目で描いていて、円熟期のシュッツの信仰心と熟達した音楽語法が最大限に生かされた素晴らしい曲となっています。かたや「ヨハネ受難曲」は1665年の作品で、晩年のシュッツによるムダのない書法で描かれた40分程度のドラマです。無伴奏合唱と2人のソロによる静かで引き締まった祈りと願いの音楽は、最後まで迷いを残しつつ光の中に消えて行きます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。