ホーム > アルバム > 8.226094 シュッツ:マタイ受難曲(ポッジャー/イェスペルセン/アルス・ノヴァ・コペンハーゲン/ヒリアー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226094
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ハインリヒ・シュッツ Heinrich Schütz
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament
アーティスト
アルス・ノヴァ・コペンハーゲン Ars Nova Copenhagen , ヤコブ・ブロック・イェスペルセン Jakob Bloch Jespersen , ポール・ヒリアー Paul Hillier , ジュリアン・ポッジャー Julian Podger

シュッツ:マタイ受難曲(ポッジャー/イェスペルセン/アルス・ノヴァ・コペンハーゲン/ヒリアー)

SCHUTZ, H.: St. Matthew Passion (Podger, Jespersen, Ars Nova Copenhagen, Hillier)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.226094

全トラック選択/解除

ハインリヒ・シュッツ - Heinrich Schütz (1585-1672)

**:**
St. Matthew Passion, SWV 479

録音: 5-8 April 2010, Garnisonskirken, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5147590
**:**
»  Introitus
1.

-

**:**
»  Und es begab sich, da Jesus alle diese Rede vollendet hatte
2.

-

**:**
»  Da kam Jesus mit ihnen zu einem Hofe, der hiess Gethsemane
3.

-

**:**
»  Die aber Jesum gegriffen hatten
4.

-

**:**
»  Petrus aber sass draussen im Palast
5.

-

**:**
»  Und da sie ihn verspottet hatten
6.

-

**:**
»  Und am Abend kam ein reicher Mann von Arimathia
7.

-

**:**
»  Beschluss
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/05/01
ヒリアーによるシュッツ作品の第4集です。今作は、シュッツ(1585-1672)作品の最高峰であり、最難関の曲「マタイ受難曲」です。この作品が書かれた1666年と言えば、バロック音楽も最盛期を迎えていたのですが、敢えてシュッツは簡素な形式でこの作品を書き上げました。福音史家とキリスト、そして合唱は淡々とこのドラマを歌い継ぎ、そこにはバッハ作品にみられるような劇的なドラマはありません。しかし、このモノクロームの世界にどれほどまで慈悲の眼差しが浸透しているのか、ここに気が付くことができれば、もうシュッツの世界から逃れることはできません。完膚なきまでに澄み切った合唱には言葉もでないでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。