ホーム > アルバム > 8.550117 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/パガニーニの主題による狂詩曲(ヤンドー/ブダペスト響/レーヘル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.550117
CD発売時期
1988年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
ブダペスト交響楽団 Budapest Symphony Orchestra , イェネ・ヤンドー Jenő Jandó , ジェルジ・レーヘル György Lehel

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/パガニーニの主題による狂詩曲(ヤンドー/ブダペスト響/レーヘル)

RACHMANINOV: Piano Concerto No. 2 / Rhapsody on a Theme of Paganini

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.550117

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op. 18

Piano Concerto No. 2 in C Minor, Op. 18

録音: 9-10 February and 5-7 April 1988, Italian Institute, Budapest
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/10967
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio sostenuto
2.

-

**:**
»  III. Allegro scherzando
3.

-

 
**:**
パガニーニの主題による狂詩曲 Op. 43
4.

Rhapsody on a Theme of Paganini, Op. 43

録音: 9, 10 February and 5-7 April, 1988, Italian Institute, Budapest
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/10968
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Tossy 投稿日:2012/08/12
大きな手の持ち主である作曲者本人なら、協奏曲の冒頭和音は楽々と弾けたのでしょうが、けっこうプロのピアニストでも楽には弾けない人がいて、たとえばアシュケナージとプレヴィンの共演盤ではアルペジオで始まっています。ヤンドーは十分大きな手を持っているとみえて、余裕のある出だしからメリハリのある響きで全曲をむらなく弾き切っており、なかなかの好演です。なお、録音データによると併録のパガニーニ狂詩曲は途中で指揮者が代わっていますが、降板したレーへルは数年をおかずに亡くなっており、病気のせいで止むを得ず交代したのではと想像され、なんだか悲しい気持ちになりました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。