ホーム > アルバム > 8.550765 フォーレ:レクイエム/小ミサ(オックスフォード・スコラ/サマリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.550765
CD発売時期
1994年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 器楽曲
作曲家
ルイ・ヴィエルヌ Louis Vierne , デオダ・ド・セヴラック Déodat de Séverac , ガブリエル・フォーレ Gabriel Fauré
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text , ジャン・ラシーヌ Jean Racine
アーティスト
オックスフォード・カメラータ Oxford Camerata , カーム・キャリー Colm Carey , ニコラス・ゲッジ Nicholas Gedge , ジェレミー・サマリー Jeremy Summerly , スコラ・カントルム・オブ・オックスフォード Oxford Schola Cantorum , リサ・ベックリー Lisa Beckley

フォーレ:レクイエム/小ミサ(オックスフォード・スコラ/サマリー)

FAURE, G.: Requiem / Messe Basse (Beckley, Gedge, Oxford Schola Cantorum, Carey, Oxford Camerata, Summerly)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.550765

全トラック選択/解除

ガブリエル・フォーレ - Gabriel Fauré (1845-1924)

**:**
レクイエム Op. 48

Requiem, Op. 48

録音: 17-18 May 1993, Chapel of Hertford College, Oxford
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4839
**:**
»  Introit et Kyrie
1.

-

**:**
»  Offertoire
2.

-

**:**
»  Sanctus
3.

-

**:**
»  Pie Jesu
4.

-

**:**
»  Agnus Dei
5.

-

**:**
»  Libera me
6.

-

**:**
»  In paradisum
7.

-

ルイ・ヴィエルヌ - Louis Vierne (1870-1937)

**:**
幻想的小品集 Op. 51 - 組曲第1番
8.

Pieces de fantaisie, Op. 51: Suite No. 1

録音: 17-18 May 1993, Chapel of Hertford College, Oxford
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1978269

デオダ・ド・セヴラック - Déodat de Séverac (1872-1921)

**:**
大いなる秘跡(タントゥム・エルゴ)
9.

Tantum ergo

録音: 17-18 May 1993, Chapel of Hertford College, Oxford
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1978270

ガブリエル・フォーレ - Gabriel Fauré (1845-1924)

**:**
小ミサ曲

Messe basse

録音: 17-18 May 1993, Chapel of Hertford College, Oxford
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1978271
**:**
»  Kyrie
10.

-

**:**
»  Sanctus
11.

-

**:**
»  Benedictus
12.

-

**:**
»  Agnus Dei
13.

-

 
**:**
ラシーヌ賛歌 Op. 11
14.

Cantique de Jean Racine, Op. 11

録音: 17-18 May 1993, Chapel of Hertford College, Oxford
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1978272
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2010/11/13
フォーレの静謐で仄明るい世界を、これほどまでに表現しているアルバムを他に知りません。小編成の親密さを心静かに堪能してください。各声部のバランスも申し分ありません。殊に『ラシーヌ賛歌』。録音は多いものの、これを聴くまでは満足できたものがありませんでした。お勧めします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。