ホーム > アルバム > 8.553615 プーランク:室内楽作品全集 5 - 子象ババールの物語/レオカディア

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553615
CD発売時期
2001年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
フランシス・プーランク Francis Poulenc
アーティスト
ティボー・ヴュー Thibault Vieux , ロナルド・ファン・スペンドンク Ronald van Spaendonck , ダニエル・ダリュー Danielle Darrieux , アレクサンドル・タロー Alexandre Tharaud , ローラン・ルフェーヴル Laurent Lefevre , ステファン・ロジェロ Stephane Logerot , Natasha Emerson , Francois Mouzaya

プーランク:室内楽作品全集 5 - 子象ババールの物語/レオカディア

POULENC: Histoire de Babar (L') / Leocadia

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.553615

全トラック選択/解除

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
子象ババールの物語(フランス語版)
1.

L'histoire de Babar, le petit elephant (version francaise)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/20770
 
**:**
城への招待 FP 138

L'Invitation au Chateau

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/20771
**:**
»  Act I
2.

-

**:**
»  Act II - Valse brillante
3.

-

**:**
»  Act II - Mouvement de valse
4.

-

**:**
»  Act II - Valse des petites taupes
5.

-

**:**
»  Act III - Valse Brillante
6.

-

**:**
»  Act III - Tempo di Boston
7.

-

**:**
»  Act III - Tango
8.

-

**:**
»  Act III - Mouvement de Valse
9.

-

**:**
»  Act III - Moderato
10.

-

**:**
»  Act III - Appassionato
11.

-

**:**
»  Act III - Tres vite et tres canaille
12.

-

**:**
»  Act III - Tempo di tarantella
13.

-

**:**
»  Act III - Polka finale
14.

-

**:**
»  Act III - Presto
15.

-

**:**
»  Act III - Follement vite et gai
16.

-

 
**:**
レオカディア

Leocadia

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/20772
**:**
»  Act I - Ouverture
17.

-

**:**
»  Act II - Ouverture
18.

-

**:**
»  Very Calm
19.

-

**:**
»  Act III - Valse des chemins de l'amour
20.

-

**:**
»  Act IV - Ouverture: Waltz
21.

-

**:**
»  Very Calm
22.

-

**:**
»  Act V - Ouverture
23.

-

**:**
»  Andantino - Langoureux
24.

-

**:**
»  Final
25.

-

 
**:**
子象ババールの物語(英語版)
26.

The Story of Babar, the Little Elephant (English version)

録音: October 1995 and October 1997, Temple du Bon Secours, Paris
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/20773
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
全てのプーランク・ファン必聴、感涙のアルバムの登場です。まずはピアノと語り手のための、題材は有名な「子象ババールの物語」を、語りが仏英2ヶ国語のバージョンで(それぞれ12歳の少年と13歳の少女が語り手を担当)。もっと凄いのは、プーランクの歌曲の中でお洒落度ではベストの「愛の小径」を含む劇付随音楽「レオカディア」が聴けること。これは激レア・アイテムです!同じく劇音楽「城への招待」も録音は多くありません。プーランクの音はエスプリに富んでお洒落で…という常套句がありますが、こんなに素敵な音楽を放っておく手はありませんね。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。