ホーム > アルバム > 8.553650-51 ベルリオーズ:「キリストの幼時」(聖三部劇) Op. 25 (イル=ド=フランス・ヴィットリア地方合唱団/リール国立管/カサドシュ)

ベルリオーズ:「キリストの幼時」(聖三部劇) Op. 25 (イル=ド=フランス・ヴィットリア地方合唱団/リール国立管/カサドシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553650-51
CD発売時期
1998年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
作詞家
エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
アーティスト
イル=ド=フランス・ヴィットリア地方合唱団 Ile de France Vittoria Regional Choir , ジャン=リュク・ヴィアラ Jean-Luc Viala , ジャン=クロード・カザドシュ Jean-Claude Casadesus , アントワーヌ・ギャルサン Antoine Garcin , ジャン=ルイ・セル Jean-Louis Serre , ミシェル・ピクマル Michel Piquemal , フェルナン・ベルナルディ Fernand Bernardi , ミシェル・ラグランジュ Michele Lagrange , リール国立管弦楽団 Lille National Orchestra , Etienne Vandier

ベルリオーズ:「キリストの幼時」(聖三部劇) Op. 25 (イル=ド=フランス・ヴィットリア地方合唱団/リール国立管/カサドシュ)

BERLIOZ: Enfance du Christ (L')

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.553650-51

全トラック選択/解除

Disc 1

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
オラトリオ「キリストの幼時」 Op. 25

L'Enfance du Christ, Op. 25

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1863
**:**
»  この時、イエスはお生まれになっていた(語り手)
1.

-

Part I: Herod's Dream - Narrator

**:**
»  第1場 夜の行進 (百人隊長、巡邏隊長ポリドールス)
2.

-

Part I: Herod's Dream - Scene 1 - Nocturnal March

**:**
»  第2場 いつもこの夢だ! (ヘロデ王)
3.

-

Part I: Herod's Dream - Scene 2 - Herod's Aria

**:**
»  第3場 主よ!(巡邏隊長ポリドールス、ヘロデ王)
4.

-

Part I: Herod's Dream - Scene 3

**:**
»  第4場 ユダヤの賢人たち (予言者たち、ヘロデ王)
5.

-

Part I: Herod's Dream - Scene 4 - Herod and the Soothsayers

**:**
»  第4場 その声は真実を語る (予言者たち、ヘロデ王)
6.

-

Part I: Herod's Dream - The Soothsayers Make Cabbalistic Signs and Proceed with their Conjuration

**:**
»  第5場 ベツレヘムの秣槽のほとりで (マリア、ヨゼフ)
7.

-

Part I: Herod's Dream - Scene 5 - The Stable in Bethlehem

**:**
»  第6場 ヨゼフ、マリア、聞きなさい(天使たちの合唱、マリア、ヨゼフ)
8.

-

Part I: Herod's Dream - Scene 6

**:**
»  序曲
9.

-

Part II: The Flight into Egypt - Scene 1 - Overture

**:**
»  聖家族たちへの羊飼たちの別れ (羊飼たちの合唱)
10.

-

Part II: The Flight into Egypt - The Shepherd's Farewell to the Holy Family

**:**
»  聖家族の憩い (語り手、天使たちの合唱)
11.

-

Part II: The Flight into Egypt - The Holy Family's Repose

Disc 2

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
オラトリオ「キリストの幼時」 Op. 25

L'Enfance du Christ, Op. 25

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1863
**:**
»  三日の間、熱い風にも耐えて(語り手)
1.

-

Part III: The Arrival at Sais - Narrator

**:**
»  第1場 サイスの街の中 (マリア、ヨゼフ、家の中からの声)
2.

-

Part III: The Arrival at Sais - Scene 1 - Within the City of Sais

**:**
»  中にお入りなさい(家父)
3.

-

Part III: The Arrival at Sais - Scene 2 - In the House of the Ishmaelites

**:**
»  大いなる神よ、何という苦労のさまでしょう(家父、合唱)
4.

-

Part III: The Arrival at Sais - Grand Dieu! Quelle detresse! (The Father of the Family)

**:**
»  あなたの疲れた顔に(家父、ヨゼフ、合唱)
5.

-

Part III: The Arrival at Sais - Sur vos traits fatigues... (The Father of the Family)

**:**
»  若いイスラエル人たちによる2つのフルートとハープのトリオ
6.

-

Part III: The Arrival at Sais - Trio for two flutes and harp, played by the young Ishmaelites

**:**
»  泣け、若い母親よ! (家父、マリア、ヨゼフ、合唱)
7.

-

Part III: The Arrival at Sais - Vous pleurez, jeune mere! (The Father of the Family)

**:**
»  Part III: The Arrival at Sais - Scene 3 - Epilogue. Lento
8.

-

**:**
»  かくして一人の異教徒により(語り手)
9.

-

Part III: The Arrival at Sais - Scene 3 - Epilogue. Narrator

**:**
»  おおわが魂よ(語り手、合唱)
10.

-

Part III: The Arrival At Sais - Scene 3 - Epilogue. Narrator, Chorus

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
日本では知名度は高くありませんが、欧米では「羊飼いたちの別れ」(当盤のCD110)はクリスマスの定番曲になっています。それを含む「キリストの幼時」は、ベルリオーズのクリスマス・オラトリオと言える大作だけに、既に多くの名演奏家が取り組んでいますが、ナクソスからのドビュッシーの歌劇が好評を博した指揮者と管弦楽団に加え、フランス人歌手を揃えた(意外に珍しい)点で、当盤の存在価値は価格メリットだけではありません。ご存知なければ是非鑑賞していただきたい、革命児ベルリオーズにしか無い音楽美を発見できる作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。