ホーム > アルバム > 8.553915 グラズノフ:管弦楽作品集 8 - 四季/バレエの情景(モスクワ響/アニシモフ)

グラズノフ:管弦楽作品集 8 - 四季/バレエの情景(モスクワ響/アニシモフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553915
CD発売時期
1998年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
アレクサンドル・コンスタンティノーヴィチ・グラズノフ Alexander Konstantinovich Glazunov
アーティスト
アレクサンドル・アニシモフ Alexander Anissimov , モスクワ交響楽団 Moscow Symphony Orchestra

グラズノフ:管弦楽作品集 8 - 四季/バレエの情景(モスクワ響/アニシモフ)

GLAZUNOV, A.K.: Orchestral Works, Vol. 8 - The Seasons / Scenes de Ballet / Scene Dansante (Moscow Symphony, Anissimov)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.553915

全トラック選択/解除

**:**
バレエ 組曲 Op. 52

Ballet Suite, Op. 52

録音: August 1995, Mosfilm Studio, Moscow
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5634
**:**
»  I. Preambule
1.

-

**:**
»  II. Marionnettes
2.

-

**:**
»  III. Mazurka
3.

-

**:**
»  IV. Scherzino
4.

-

**:**
»  V. Pas d'action
5.

-

**:**
»  VI. Danse Orientale
6.

-

**:**
»  VII. Valse
7.

-

**:**
»  VIII. Polonaise
8.

-

 
**:**
踊りの情景 Op. 81

Scene Dansante, Op. 81

録音: August 1995, Mosfilm Studio, Moscow
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5635
**:**
»  I. Andante sostenuto
9.

-

 
**:**
四季 Op. 67

The Seasons, Op. 67

録音: August 1995, Mosfilm Studio, Moscow
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5636
**:**
»  I. L'Hiver. Introduction
10.

-

**:**
»  II. ler Tableau
11.

-

**:**
»  III. Variation I 'Le Givre'
12.

-

**:**
»  IV. Variation II 'La Glace'
13.

-

**:**
»  V. Variation III 'La Grele'
14.

-

**:**
»  VI. Variation IV 'La Neige'
15.

-

**:**
»  VII. 2me Tableau. Le Printemps
16.

-

**:**
»  VIII. 3me Tableau. L'Ete
17.

-

**:**
»  IX. Valse des Bluets et des Pavots
18.

-

**:**
»  X. Barcarolle
19.

-

**:**
»  XI. Variation
20.

-

**:**
»  XII. Coda
21.

-

**:**
»  XIII. 4me Tableau. L'Automne
22.

-

**:**
»  XIV. Petit Adagio
23.

-

**:**
»  XV. Allegro
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
親しみ易く奥も深い。グラズノフが心血を注いだバレエ音楽は、ビギナーからマニアまでの宝です。最高傑作として名高い「四季」は、擬人化された春夏秋冬の情景が描かれますが、それに相応しく、色彩的オーケストレーションと旋律の玉手箱状態になっています。一方「バレエの情景」は特定のイメージを持ちませんが、各曲の性格の書き分けは一層見事です。特に第5曲の「パ・ダクシオン」は素晴らしく、ハープの分散和音にのって、弦と木管がからみ合いながら盛り上がっていく様には、「名曲の王道ここにあり」といった感があります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。