ホーム > アルバム > 8.554071 ベック:6つのシンフォニア Op. 1 (ニュージーランド室内管/アームストロング)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554071
CD発売時期
2005年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・イグナーツ・ベック Franz Ignaz Beck
アーティスト
ドナルド・アームストロング Donald Armstrong , ニュージーランド室内管弦楽団 New Zealand Chamber Orchestra

ベック:6つのシンフォニア Op. 1 (ニュージーランド室内管/アームストロング)

BECK, F.I.: 6 Symphonies, Op. 1 (New Zealand Chamber Orchestra, Armstrong)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.554071

全トラック選択/解除

フランツ・イグナーツ・ベック - Franz Ignaz Beck (1734-1809)

**:**
交響曲 ト短調 Op. 1 No. 1 (Callen 1)

Symphony in G Minor, Op. 1, No. 1 (Callen 1)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/486828
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
交響曲 ヘ長調 Op. 1 No. 2 (Callen 2)

Symphony in F Major, Op. 1, No. 2 (Callen 2)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3794686
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Menuetto - Vivace
6.

-

 
**:**
交響曲 イ長調 Op. 1 No. 3 (Callen 3)

Symphony in A Major, Op. 1, No. 3 (Callen 3)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3794687
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Andante sempre piano
8.

-

**:**
»  III. Presto
9.

-

 
**:**
序曲 変ホ長調 Op. 1 No. 4

Overture in E-Flat Major, Op. 1, No. 4

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3794688
**:**
»  I. Allegro assai
10.

-

**:**
»  II. Andante
11.

-

**:**
»  III. Presto
12.

-

 
**:**
交響曲 ト長調 Op. 1 No. 5 (Callen 5)

Symphony in G Major, Op. 1, No. 5 (Callen 5)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3794689
**:**
»  I. Allegro
13.

-

**:**
»  II. Andante
14.

-

**:**
»  III. Presto
15.

-

 
**:**
交響曲 ハ長調 Op. 1 No. 6 (Callen 6)

Symphony in C Major, Op. 1, No. 6 (Callen 6)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3794690
**:**
»  I. Allegro
16.

-

**:**
»  II. Andantino
17.

-

**:**
»  III. Presto
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
しばしば「交響曲の父」と称されるのが、いわゆるマンハイム楽派のヨハン・シュターミッツ。その最も有能な弟子が当盤でご紹介するベックです。この今日では名前を知る人も少ない作曲家の非凡な才能は、当盤を聴けばわかります。交響曲というジャンルがまだ初期の時代、劇的な激しさと大胆な和声に彩られた「6つのシンフォニア」は、幼稚さとは無縁の熟達した音楽なのです。特に「第1番ト短調」の両端楽章の劇性は出色。長調作品は、いずれも爽快で、気持ちよく聴けます。こういう人物がいたからこそ、ハイドンやモーツァルトらが交響曲を高めることができたのかもしれません。交響曲の歴史に思いを巡らすのに好適なアルバムです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。