ホーム > アルバム > 8.554409 エルガー:チェロ協奏曲/序奏とアレグロ/弦楽のためのセレナード(クリーゲル/ロイヤル・フィル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554409
CD発売時期
1998年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
アーティスト
カペラ・イストロポリターナ Capella Istropolitana , マリア・クリーゲル Maria Kliegel , スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra , ミヒャエル・ハラース Michael Halász , エイドリアン・リーパー Adrian Leaper , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra

エルガー:チェロ協奏曲/序奏とアレグロ/弦楽のためのセレナード(クリーゲル/ロイヤル・フィル)

ELGAR: Cello Concerto / Introduction and Allegro / Serenade for Strings

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.554409

全トラック選択/解除

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
チェロ協奏曲 ホ短調 Op. 85

Cello Concerto in E Minor, Op. 85

録音: 8-10 November 1991, Henry Wood Hall, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4655
**:**
»  I. Adagio - Moderato
1.

-

**:**
»  II. Lento - Allegro molto
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Allegro - Moderato - Allegro ma non troppo
4.

-

 
**:**
序奏とアレグロ Op. 47
5.

Introduction and Allegro, Op. 47

録音: 17-19 September 1989, Moyzes Hall, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2633885
 
**:**
弦楽のためのエレジー Op. 58
6.

Elegy, Op. 58

録音: 17-19 September 1989, Moyzes Hall, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2633886
 
**:**
Serenade for Strings, Op. 20

録音: 17-19 September 1989, Moyzes Hall, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2633887
**:**
»  I. Allegro piacevole
7.

-

**:**
»  II. Larghetto
8.

-

**:**
»  III. Allegretto
9.

-

 
**:**
Salut d'amour
10.
録音: 9-15 January 1989, Concert Hall of Czechoslovak Radio, Bratislava
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2633888
 
**:**
行進曲「威風堂々」 Op. 39 - 第1番 ニ長調
11.

Military March No. 1 in D Major, Op. 39, "Pomp and Circumstance"

録音: 9-15 January 1989, Concert Hall of Czechoslovak Radio, Bratislava
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2633889
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2011/02/23
エドワード・エルガーは大器晩成型の作曲家と言えましょう。楽器商の父から手ほどきを受け、店の楽器や楽譜楽理書で独修し、ヴァイオリンやピアノの奏者や教師をしながら作曲活動を開始。32才のとき8才上の姉さん女房と結婚してから次々と傑作を量産。「愛の挨拶」は婚約のプレゼント曲、「チェロ協奏曲」は62才の作品です。晩年は国王の音楽師範の称号を得、准男爵に叙せられて1934/2/23永眠。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。