ホーム > アルバム > 8.554663 シューベルト:ドイツ語歌曲全集 2 「白鳥の歌」(ヴォッレ/アイゼンロール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554663
CD発売時期
1999年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
フランツ・シューベルト Franz Schubert
作詞家
ヨハン・ガブリエル・サイトル Johann Gabriel Seidl , ハインリヒ・ハイネ Heinrich Heine , ルートヴィヒ・レルスタープ Ludwig Rellstab
アーティスト
ウルリッヒ・アイゼンロール Ulrich Eisenlohr , ショーン・スコット Sjon Scott , ミヒャエル・フォッレ Michael Volle

シューベルト:ドイツ語歌曲全集 2 「白鳥の歌」(ヴォッレ/アイゼンロール)

SCHUBERT, F.: Lied Edition 2 - Schwanengesang

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.554663

全トラック選択/解除

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
秋 D. 945
1.

Herbst, D. 945

録音: 4 - 9 January 1999, Burgerhaus, Backnang, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/115598
 
**:**
生気 D. 937
2.

Lebensmut, D. 937

録音: 4 - 9 January 1999, Burgerhaus, Backnang, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/115600
 
**:**
流れにて Op. 119/D. 943
3.

Auf dem Strom, D. 943

録音: 4 - 9 January 1999, Burgerhaus, Backnang, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/115602
 
**:**
白鳥の歌 D. 957

Schwanengesang, D. 957

録音: 4 - 9 January 1999, Burgerhaus, Backnang, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/12339
**:**
»  第1曲 愛の使い
4.

-

No. 1. Liebesbotschaft

**:**
»  第2曲 兵士の予感
5.

-

No. 2. Kriegers Ahnung

**:**
»  第3曲 春への憧れ
6.

-

No. 3. Fruhlingssehnsucht

**:**
»  第4曲 セレナーデ
7.

-

No. 4. Standchen

**:**
»  第5曲 住処
8.

-

No. 5. Aufenthalt

**:**
»  第6曲 はるかな土地で
9.

-

No. 6. In der Ferne

**:**
»  第7曲 別れ
10.

-

No. 7. Abschied

**:**
»  第8曲 アトラス
11.

-

No. 8. Der Atlas

**:**
»  第9曲 君の肖像
12.

-

No. 9. Ihr Bild

**:**
»  第10曲 漁師の娘
13.

-

No. 10. Das Fischermadchen

**:**
»  第11曲 街
14.

-

No. 11. Die Stadt

**:**
»  第12曲 海辺にて
15.

-

No. 12. Am Meer

**:**
»  第13曲 影法師
16.

-

No. 13. Der Doppelganger

**:**
»  第14曲 鳩の便り
17.

-

No. 14. Die Taubenpost

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
シューベルトと言えば三大歌曲集、その最後にあたる最晩年作が、死後に出版された「白鳥の歌」です。この中で最も有名な7「セレナード」(ここではハ短調で演奏)をはじめ、メロディーの美しさを楽しむもよし、よく言われるように性病に冒され忍び寄る死の影を感じ取るのもよし、何をおいても聴いておきたい傑作です。1~3は同じく死の年に書かれたとされるレルシュタープ詞の作品(3のホルンも聴きどころ)。既に名声を確立しているフォレの歌唱は、とっかかりは地味な印象を与えますが、詞と曲の両方にじっくり耳を傾けるなら、ピカイチの演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。