ホーム > アルバム > 8.554715 カルダーラ:ミサ・ドロローサ/スターバト・マーテル/シンフォニアト短調, ホ短調(アウラ・ムジカーレ・アンサンブル/クレマンシック)

カルダーラ:ミサ・ドロローサ/スターバト・マーテル/シンフォニアト短調,  ホ短調(アウラ・ムジカーレ・アンサンブル/クレマンシック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554715
CD発売時期
2000年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントニオ・カルダーラ Antonio Caldara
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
アウラ・ムジカーレ・アンサンブル Aura Musicale Ensemble , ルネ・クレマンシック Rene Clemencic , スイス放送合唱団 Swiss Radio Choir , ディエゴ・ファソリス Diego Fasolis

カルダーラ:ミサ・ドロローサ/スターバト・マーテル/シンフォニアト短調, ホ短調(アウラ・ムジカーレ・アンサンブル/クレマンシック)

CALDARA: Missa Dolorosa / Stabat Mater / Sinfonias in G and E Minor

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.554715

全トラック選択/解除

アントニオ・カルダーラ - Antonio Caldara (1671-1736)

**:**
Sant' Elena al Calvario: Introduzione, "Sinfonia No. 6 in G Minor"
1.
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2766
 
**:**
スターバト・マーテル

Stabat mater

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2767
**:**
»  I. Stabat Mater dolorosa
2.

-

**:**
»  II. Cujus animam gementem
3.

-

**:**
»  III. Quis est home
4.

-

**:**
»  IV. Sancta Mater
5.

-

**:**
»  V. Tui nati vulnerati
6.

-

**:**
»  VI. Fac me tecum
7.

-

**:**
»  VII. Juxta crucem
8.

-

**:**
»  VIII. Virgo virginum
9.

-

**:**
»  IX. Fac, ut portem
10.

-

**:**
»  X. Flammis ne urar succensus
11.

-

**:**
»  XI. Christe, cum sit hinc exire
12.

-

**:**
»  XII. Fac ut animae donatur
13.

-

 
**:**
Gioseffo che interpreta i sogni: Introduzione, "Sinfonia No. 10 in E Minor"
14.
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2765
 
**:**
Missa dolorosa

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2764
**:**
»  I. Kyrie
15.

-

**:**
»  II. Gloria
16.

-

**:**
»  III. Credo
17.

-

**:**
»  IV. Sanctus
18.

-

**:**
»  V. Benedictus
19.

-

**:**
»  VI. Agnus Dei
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
既に数多くの個性的録音で古楽界にその名を轟かせている鬼才クレマンシックがナクソスで取り上げる作曲家は、バッハと同時代を生きたイタリア人カルダーラ。驚異的な多作家で、90を超えるオペラを中心に殆どの作品が声楽曲でした。当盤では2曲の管弦楽付き教会音楽と、オラトリオの序奏として書かれた2曲のシンフォニアをお届けします。古今の大作曲家が好んで作曲した「スターバト・マーテル」に一貫するほのかな悲しみに、カルダーラの資質が凝縮されています。和声的により大胆な「ミサ曲」も同傾向。合唱団の名唱が、演奏の価値を高めています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。