ホーム > アルバム > 8.554817 ブラームス:4手のためのピアノ作品集 13 - 弦楽六重奏曲第1番, 第2番(ケーン/マティース)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554817
CD発売時期
2005年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
クリスティアン・ケーン Christian Köhn , ジルケ=トーラ・マティース Silke-Thora Matthies

ブラームス:4手のためのピアノ作品集 13 - 弦楽六重奏曲第1番, 第2番(ケーン/マティース)

BRAHMS, J.: Four-Hand Piano Music, Vol. 13 (Matthies, Köhn)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.554817

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調 Op. 18 (4手ピアノ編)

String Sextet No. 1 in B-Flat Major, Op. 18 (arr. piano 4-hands)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/75578
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
1.

-

**:**
»  II. Andante ma moderato
2.

-

**:**
»  III. Scherzo (Allegro molto)
3.

-

**:**
»  IV. Rondo (Poco allegretto e grazioso)
4.

-

 
**:**
弦楽六重奏曲第2番 ト長調 Op. 36 (4手ピアノ編)

String Sextet No. 2 in G Major, Op. 36 (arr. piano 4-hands)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/75579
**:**
»  I. Allegro non troppo
5.

-

**:**
»  II. Scherzo (Allegro non troppo)
6.

-

**:**
»  III. Poco adagio
7.

-

**:**
»  IV. Poco allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
膨大なブラームスの4手のためのピアノ作品を紹介する当シリーズ、今回は弦楽六重奏曲2曲の登場です。演奏者の負担が増えたとしても、ある程度多くの声部があって、シンフォニックな響きを志向するような作品のほうが、一般にピアノ編曲に向いていること、そしてブラームスの全室内楽曲中で最も有名な楽章、すなわち「主題と変奏」として親しまれている、哀愁漂う第1番の第2楽章を含んでいることもあり、シリーズのハイライトの一つと申せましょう。編曲によって弦のしなやかな響きが、粒立ちのよい硬質な響きに置き換わるわけですが、そのことによって原曲にはなかった、鮮やかな立体感が浮かび上がってくるのが、聴きどころとなっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。