ホーム > アルバム > 8.555241 ヴィラ=ロボス:ショーロ第8番, 第9番(香港フィル/シャーマーホーン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555241
CD発売時期
2001年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エイトル・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos
アーティスト
ケネス・シャーマーホーン Kenneth Schermerhorn , 香港フィルハーモニー管弦楽団 Hong Kong Philharmonic Orchestra

ヴィラ=ロボス:ショーロ第8番, 第9番(香港フィル/シャーマーホーン)

VILLA-LOBOS: Choros Nos. 8 and 9

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.555241

全トラック選択/解除

エイトル・ヴィラ=ロボス - Heitor Villa-Lobos (1887-1959)

**:**
ショーロ第8番
1.

Choros No. 8

録音: 31st March - 3rd April, 1985, Tsuen Wan Town Hall, Hong Kong
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/28958
 
**:**
ショーロ第9番
2.

Choros No. 9

録音: 31st March - 3rd April, 1985, Tsuen Wan Town Hall, Hong Kong
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/28959
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ブラジルの巨匠ヴィラ=ロボスが様々な編成のために作曲した連作集として、「ブラジル風バッハ」と並んで名高い「ショーロス」から、大管弦楽にスポットを当てた2曲をお届けします。しかしなんともまあ、どエライ大作です。民族系の打楽器や、サックスといった通常のオーケストラにはない楽器を加えたオーケストラが狂喜乱舞を繰り返すのですが、単なるエキゾティシズムとかそんな生易しいものをはるかに超越した、とんでもない音楽です。熱く迸る旋律と凄まじいまでのリズムの饗宴が導くクライマックスは圧倒的で、熱い民族魂とフランス仕込みの作曲技術が渾然一体となった、まさにヴィラ=ロボス魂の叫びといったところでしょうか。*8.220322の再発売品

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。