ホーム > アルバム > 8.555793 ウォルトン:合唱曲集(ケンブリッジ聖ジョンカレッジ合唱団/ロビンソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555793
CD発売時期
2002年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 映画音楽
作曲家
ウィリアム・ウォルトン William Walton
作詞家
ウィスタン・ヒュー・オーデン Wystan Hugh Auden , 旧約聖書 Bible - Old Testament , 新約聖書 Bible - New Testament , ジョージ・ハーバート George Herbert , フィニアス・フレッチャー Phineas Fletcher , ミサ典礼文 Mass Text , ジョン・メイスフィールド John Masefield
編曲者
マーク・ブラッチリー Mark Blatchly , サイモン・プレストン Simon Preston
アーティスト
クリストファー・ウィットン Christopher Whitton , ケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジ聖歌隊 St. John's College Choir, Cambridge , ジェフリー・シルヴァー Geoffery Silver , イェスティン・デイヴィス Iestyn Davies , アーロン・バーチェル Aaron Burchell , ジェイムズ・バーチャル James Birchall , ニコラス・モートン Nicholas Morton , オリヴァー・リページ=ディーン Oliver Lepage-Dean , エドワード・リヨン Edward Lyon , クリストファー・ロビンソン Christopher Robinson , Gareth Jones

ウォルトン:合唱曲集(ケンブリッジ聖ジョンカレッジ合唱団/ロビンソン)

WALTON: Twelve (The) / Coronation Te Deum / Missa Brevis

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.555793

全トラック選択/解除

ウィリアム・ウォルトン - William Walton (1902-1983)

**:**
戴冠テ・デウム (編曲:プレストン/ブラッチリー)
1.

Coronation Te Deum (arr. S. Preston and M. Blatchly)

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30715
 
**:**
連祷 - 涙はゆるやかに流れ
2.

A Litany: Drop, drop slow tears

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30716
 
**:**
マニフィカトとヌンク・ディミティス

Magnificat and Nunc Dimittis

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30717
**:**
»  Magnificat
3.

-

**:**
»  Nunc Dimittis
4.

-

 
**:**
絶対音楽はどこへ行く?
5.

Where does the uttered music go?

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30718
 
**:**
全地よ、主に向かって歓声を
6.

Jubilate Deo

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30719
 
**:**
ヘンリー五世 - 間奏曲「やさしき唇にふれて別れなん」
7.

Henry V: Touch her soft lips and part (arr. I. Farrington)

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30725
 
**:**
太陽の聖歌
8.

Cantico del Sole

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30720
 
**:**
ヘンリー五世 - パッサカリア「ファルスタッフの死」
9.

Henry V: Passacaglia "Death of Falstaff" (arr. I. Farrington)

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30726
 
**:**
十二夜
10.

The Twelve

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30721
 
**:**
汝の心に封印をするように
11.

Set me as a seal upon thine heart

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30722
 
**:**
アンティフォナ
12.

Antiphon

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30723
 
**:**
ミサ・ブレヴィス

Missa Brevis

録音: 10th-12th of July, 2001, St. John's College Chapel, Cambridge
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/30724
**:**
»  Kyrie
13.

-

**:**
»  Sanctus and Benedictus
14.

-

**:**
»  Agnus Dei
15.

-

**:**
»  Gloria
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
リリース毎に本国で大いに話題になる、伝統あるセント・ジョンズ聖歌隊による20世紀英国合唱音楽のシリーズ。今回は迫力ある管弦楽曲が人気のウォルトンの登場です。彼らしい輝きに満ちた1、合唱の名曲として頻繁に演奏される、暗いムードが支配する無伴奏合唱曲2、普通の曲順によらない、短い中にぎゅっと凝縮された「ミサ・ブレヴィス」など、合唱ファンなら是非おさえておきたいレパートリーが並びます。ちょっと耳よりなオマケですが、ウォルトンの最もロマンティックな小品と言える7がオルガン独奏で聴けるとは嬉しい驚き、マニア必聴です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。