ホーム > アルバム > 8.556814 シネマ・クラシックス 2005

シネマ・クラシックス 2005

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.556814
CD発売時期
2005年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 器楽曲, 室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi , フランツ・シューベルト Franz Schubert , フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin , フランシスコ・タレガ Francisco Tárrega , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , ルイジ・ボッケリーニ Luigi Boccherini , ジュール・マスネ Jules Massenet , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart , ジョアッキーノ・ロッシーニ Gioachino Rossini
作詞家
ロレンツォ・ダ・ポンテ Lorenzo Da Ponte , フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ Francesco Maria Piave
アーティスト
ヨハネス・ヴィルトナー Johannes Wildner , ジェルジ・エーデル György Éder , カペラ・イストロポリターナ Capella Istropolitana , カメラータ・トランシルヴァニカ Camerata Transylvanica , ノーバート・クラフト Norbert Kraft , ケルン室内管弦楽団 Cologne Chamber Orchestra , コダーイ・クァルテット Kodály Quartet , ヤーノシュ・シェルメツィ Janos Selmeczi , スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra , ダニュビウス・クァルテット Danubius Quartet , フランソワ・ジョエル・ティオリエ François-Joël Thiollier , ベーラ・ドラホシュ Béla Drahos , ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア Nicolaus Esterházy Sinfonia , ウィル・ハンバーグ Will Humburg , イディル・ビレット Idil Biret , ファイローニ管弦楽団 Failoni Orchestra, Budapest , ヨアンナ・ボロウスカ Joanna Borowska , ペーテル・ミクラーシュ Peter Mikuláš , ヘルムート・ミュラー=ブリュール Helmut Müller-Brühl , ローアンギズ・ヤフミ Rohangiz Yachmi , イェネ・ヤンドー Jenő Jandó , アレクサンダー・ラハバリ Alexander Rahbari , ヨルディ・ラミロ Yordy Ramiro , ヴォルフガング・リュプザム Wolfgang Rübsam , Gyorgy Selmeczi

シネマ・クラシックス 2005

CINEMA CLASSICS 2005

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.556814

全トラック選択/解除

ジョアッキーノ・ロッシーニ - Gioachino Rossini (1792-1868)

**:**
歌劇「セヴィリャの理髪師」 - 序曲
1.

The Barber of Seville: Overture (Bad Santa)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90521

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV 1068 - 第2曲 エール 「G線上のアリア」
2.

Overture (Suite) No. 3 in D Major, BWV 1068: II. Air, "Air on a G String" (Collateral)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90522

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 K. 588 - 第1幕 三重唱 「さわやかに風よ吹け」
3.

Così fan tutte, K. 588: Soave sia il vento (Closer)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90523

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565
4.

Toccata and Fugue in D Minor, BWV 565 (The Aviator)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90524

ジュール・マスネ - Jules Massenet (1842-1912)

**:**
歌劇「タイス」 - 第2幕 瞑想曲(ラヴェンダーの咲く庭で)
5.

Thais, Act II: Meditation (Ladies in Lavender)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90525

ルイジ・ボッケリーニ - Luigi Boccherini (1743-1805)

**:**
弦楽五重奏曲 ホ長調 Op. 11 No. 5, G. 275 - 第3楽章 メヌエット
6.

String Quintet in E Major, G. 275: III. Minuetto (The Ladykillers)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90526

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
ベルガマスク組曲 - 第3曲 月の光
7.

Suite bergamasque: III. Clair de lune (Man on Fire)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90527

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
前奏曲第4番 ホ短調 Op. 28 No. 4
9.

Prelude No. 4 in E Minor, Op. 28, No. 4

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90529

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「リゴレット」 - 第3幕 女心の歌 「風の中の羽のように」
10.

Rigoletto, Act III: La donna e mobile (The Punisher)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90530

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
ピアノ五重奏曲 イ長調 「ます」 Op. 114/D. 667 - 第4楽章 主題と変奏
11.

Piano Quintet in A Major, Op. 114, D. 667, "Die Forelle" (The Trout): IV. Theme with Variations (Spider-Man 2)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/181180

フランシスコ・タレガ - Francisco Tárrega (1852-1909)

**:**
アルハンブラの思い出
12.

Recuerdos de la Alhambra (Sideways)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90532

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55 - 第4楽章
13.

Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55, "Eroica": IV. Allegro molto (Ocean's Twelve)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90533
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
21世紀に入り、映画におけるクラシック音楽の重要性は、ますます高まりつつあるように感じられます。あれもこれも、話題の映画にクラシックが登場。例えば大ヒット映画「スパイダーマン2」にシューベルトの「ます」なんか使ってたっけ?耳を澄ませておかないと、気づかない場面ですよ!また「ラヴェンダーの咲く庭で」のように、音楽家が重要な役として扱われることもあります。そんなわけで、曲名がわかるほうが、映画視聴の感動も増すというもの。ナクソスが誇るアーティストたちなら、こう演奏しますというのがわかる当盤。特にお薦めは2曲のバッハ(「管弦楽組曲 第3番 ~ Air」と「トッカータとフーガ」)で、演奏の個性に耳を傾けてみてください。*Naxos既発売盤からのコンピレーション。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。