ホーム > アルバム > 8.557017 ノルウェー・クラシック名曲集(アイスランド響/エンゲセト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557017
CD発売時期
2004年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
シーグル・イスランスモーン Sigurd Islandsmoen , オーレ・オルセン Ole Olsen , エドヴァルド・グリーグ Edvard Grieg , クリスティアン・シンディング Christian Sinding , ヨハン・スヴェンセン Johan Svendsen , リカルド・ノルドローク Rikard Nordraak , アガーテ・バッケル・グレンダール Agathe Backer Grøndahl , ヨハン・ハルヴォルセン Johan Halvorsen , ヨハネス・ハンセン Johannes Hanssen , Arne Eggen
編曲者
ハンス・シット Hans Sitt , ヨハン・ハルヴォルセン Johan Halvorsen , 不詳 Anonymous
アーティスト
アイスランド交響楽団 Iceland Symphony Orchestra , ビャルテ・エンゲセト Bjarte Engeset

ノルウェー・クラシック名曲集(アイスランド響/エンゲセト)

Norwegian Classical Favourites

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.557017

全トラック選択/解除

エドヴァルド・グリーグ - Edvard Grieg (1843-1907)

**:**
ペール・ギュント 組曲第1番 Op. 46 (抜粋)

Peer Gynt Suite No. 1, Op. 46 (excerpts)

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/241398
**:**
»  I. 朝
1.

-

I. Morning mood

**:**
»  IV. In the Hall of the Mountain King
2.

-

クリスティアン・シンディング - Christian Sinding (1856-1941)

**:**
6つの小品 Op. 32 - 第3曲 春のささやき(管弦楽編)

6 Pieces, Op. 32: No. 3. Rustle of Spring (arr. for orchestra)

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41755
**:**
»  6 Pieces, Op. 32: No. 3, Rustle of Spring (arr. for orchestra)
3.

-

アガーテ・バッケル・グレンダール - Agathe Backer Grøndahl (1847-1907)

**:**
Fantasy Pieces, Op. 45: Summer Song
4.
録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41756

ヨハン・スヴェンセン - Johan Svendsen (1840-1911)

**:**
The Wedding at Dovre
5.
録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41757
 
**:**
ノルウェー芸術家の謝肉祭 Op. 14
6.

Norsk kunstnerkarneval (Norwegian Artists' Carnival), Op. 14

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41758

ヨハネス・ハンセン - Johannes Hanssen (1874-1967)

**:**
ヴァルドレ行進曲
7.

Valdres Marsj (Valdres March)

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/241399

ヨハン・ハルヴォルセン - Johan Halvorsen (1864-1935)

**:**
ロシア貴族の入場
8.

Bojarernes intogsmarsch (Entry March of the Boyars)

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41760

オーレ・オルセン - Ole Olsen (1850-1927)

**:**
Funeral March, Op. 41
9.
録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41761

リカルド・ノルドローク - Rikard Nordraak (1842-1866)

**:**
Maria Stuart i Skotland (excerpts) (arr. J. Halvorsen)

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/241400
**:**
»  Purpose
10.

-

**:**
»  Valse Caprice
11.

-

シーグル・イスランスモーン - Sigurd Islandsmoen (1881-1964)

**:**
森の明かり Op. 15
12.

Forest Clearing, Op. 15

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41764

Arne Eggen (1881-1955)

**:**
Liti Kersti Suite: Bjorgulv the Fiddler
13.
録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41765

ヨハン・スヴェンセン - Johan Svendsen (1840-1911)

**:**
祝祭ポロネーズ Op. 12
14.

Festival Polonaise, Op. 12

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41766

エドヴァルド・グリーグ - Edvard Grieg (1843-1907)

**:**
ノルウェー舞曲集 Op. 35 - 第2番 イ長調
15.

Norwegian Dances, Op. 35: No. 2 in A Major

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/241402
 
**:**
2つの悲しき旋律 Op. 34 - 第2曲 過ぎにし春
16.

2 Elegiac Melodies, Op. 34: No. 2. Last Spring

録音: 18-21 June, 24-28 June 2002, Concert Hall of the ISO, Reykjavic
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/241403
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
北欧の音楽はその風光明媚な自然を反映してか、非常に爽やかな味わいを持つものが少なくありませんが、ノルウェーの音楽も例外ではありません。誰もがご存知の(しかし決して侮れない)グリーグの有名曲のあとは、マニアックといってもよい楽曲が多く続きますが、しみじみ系(4、9など)、華麗系(6、7、14など)といったように、タイプは様々ながらも、いずれも親しみやすいことは、掛け値なしです。そして最後を締めるのはやはり御大グリーグ、知名度は今一つながら、知る人ぞ知る素晴らしい秘曲が、溢れんばかりの哀愁を湛えながら、静かにこのアンソロジーの幕を下ろします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。