ホーム > アルバム > 8.557162 諸井三郎:こどものための小交響曲 変ロ調 Op. 24/交響的二楽章 Op. 22/交響曲第3番 Op. 25 (アイルランド国立響/湯浅卓雄)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557162
CD発売時期
2004年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
諸井三郎 Saburo Moroi
アーティスト
アイルランド国立交響楽団 Ireland National Symphony Orchestra , 湯浅卓雄 Takuo Yuasa

諸井三郎:こどものための小交響曲 変ロ調 Op. 24/交響的二楽章 Op. 22/交響曲第3番 Op. 25 (アイルランド国立響/湯浅卓雄)

MOROI: Symphony No. 3, Op. 25 / Sinfonietta, Op. 24 / Two Symphonic Movements, Op. 22

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.557162

全トラック選択/解除

諸井三郎 - Saburo Moroi (1903-1977)

**:**
こどものための小交響曲 変ロ調 Op. 24

Sinfonietta in B-Flat Major, Op. 24, "For Children"

録音: 09 - 11 September 2002, National Concert Hall, Dublin, Ireland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/43449
**:**
»  I. Allegro grazioso
1.

-

**:**
»  II. Andantino quasi Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Lento affabile
3.

-

 
**:**
交響的二楽章 Op. 22

2 Symphonic Movements (Kokyoteki nigakusho), Op. 22

録音: 09 - 11 September 2002, National Concert Hall, Dublin, Ireland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/47942
**:**
»  I. Andante grandioso
4.

-

**:**
»  II. Allegro con spirito
5.

-

 
**:**
交響曲第3番 Op. 25

Symphony No. 3, Op. 25

録音: 09 - 11 September 2002, National Concert Hall, Dublin, Ireland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/41271
**:**
»  第1楽章 静かなる序曲 - 精神の誕生とその発展
6.

-

I. A Tranquil Overture: Andante molto tranquillo e grandioso - Birth of Spirit and its Growth: Allegro vivace

**:**
»  第2楽章 諧謔について
7.

-

II. About Humour and Wit: Allegretto scherzando

**:**
»  第3楽章 死についての諸観念
8.

-

III. Aspects of Death: Adagio tranquillo

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
諸井三郎は独学で作曲を修めた後にベルリンへ留学、ドイツ音楽の技術と精神を学び正統的大作を残しました。その後の日本人作曲家が歩む道を方向づけた偉大な先人なのです。世界初録音となる当盤の収録曲全てが、第二次世界大戦中の作品であることにご注目ください。創作の頂点と言える「交響曲第3番」は大戦末期の作。内容は時代状況と無縁では当然ありえず、とりわけ死をテーマとする第3楽章は、音楽を愛する日本人なら聴いていかねばならない作品と言えるでしょう。「こどものための小交響曲」は、子供というよりむしろ大人の鑑賞に向く真摯さが滲み出ています。「交響的二楽章」の後半の高揚も聴き逃せません。
レビュアー: Tossy 投稿日:2011/07/15
「こどものための小交響曲」が私のお気に入りです。作者がドイツ留学で獲得したソナタや交響曲の作曲技法に対する自信すら感じさせられます。特に第3楽章のレントにおける日本的情緒と西洋音楽技法の見事な融合には言葉が出ないほど感動しました。諸井三郎の交響曲全集が待ち遠しいですね。  

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。