ホーム > アルバム > 8.557287 ミヨー:バレエ音楽「世界の創造」/バレエ音楽「屋根の上の牡牛」/プロヴァンス組曲(リール国立管/カサドシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557287
CD発売時期
2005年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
ダリウス・ミヨー Darius Milhaud
作詞家
ポール・クローデル Paul Claudel
アーティスト
マティアス・ヴィダル Mathias Vidal , ジャン=クロード・カザドシュ Jean-Claude Casadesus , ベルナール・デレトレ Bernard Deletre , 幕内智子 Tomoko Makuuchi , リール国立管弦楽団 Lille National Orchestra , Jian Zhao

ミヨー:バレエ音楽「世界の創造」/バレエ音楽「屋根の上の牡牛」/プロヴァンス組曲(リール国立管/カサドシュ)

MILHAUD, D.: Creation du monde (La) / Le Boeuf sur le toit / Suite provençale, Op. 152d (Lille National Orchestra, Casadesus)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.557287

全トラック選択/解除

ダリウス・ミヨー - Darius Milhaud (1892-1974)

**:**
バレエ音楽「世界の創造」 Op. 81
1.

La Creation du monde, Op. 81

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/90154
 
**:**
屋根の上の牡牛 Op. 58
2.

Le Boeuf sur le toit, Op. 58

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5780618
 
**:**
プロヴァンス組曲 Op. 152d

Suite provençale, Op. 152d

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5780619
**:**
»  I. Anime
3.

-

**:**
»  II. Tres modere
4.

-

**:**
»  III. Modere
5.

-

**:**
»  IV. Vif
6.

-

**:**
»  V. Modere
7.

-

**:**
»  VI. Vif
8.

-

**:**
»  VII. Lent
9.

-

**:**
»  VIII. Vif
10.

-

 
**:**
男とその欲望 Op. 48

L’Homme et son desir, Op. 48

録音: 15 to 18 July 2003, Nouveau Siecle, Lille, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5780620
**:**
»  I. Scene I
11.

-

**:**
»  II. Apparition de la Lune
12.

-

**:**
»  III. L’Homme endormi et le fantome de la Femme morte
13.

-

**:**
»  IV. L’Homme qui dort debout, oscillant comme dans un courant d’eau et comme sans aucun poids
14.

-

**:**
»  V. Toutes les choses de la foret qui viennent voir l'Homme endormi
15.

-

**:**
»  VI. Danse de la passion
16.

-

**:**
»  VII. Reapparition del la Femme qui entraine l'Homme peu a peu en tournant lentement devant lui sur elle-meme
17.

-

**:**
»  VIII. La lune I a disparu la premiere, la lune II disparait a son tour...
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
フランス六人組の一角で、20世紀の作曲家としては稀なほどの多作家であったミヨーは、ジャズやブラジル音楽の影響を強く受けた作風で親しまれています。当盤はそんな彼の作品の中でも、最もポピュラーなオーケストラ曲を集めています。どの曲も陽気なラテン的なリズムが随所に登場し、特に「男とその欲望」では笛が盛んに吹き鳴らされたりして、気分はほとんどカーニバルの部分もあります。もちろんノーテンキはノーテンキなのですが、その裏方には、復調性やポリリズム、旋律の重ね合わせなどによる重層的な響きの構築など、彼の持ち前であった、堅牢極まりない作曲技術の粋があり、それが作品に豊かな奥行きを与えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。