ホーム > アルバム > 8.557507 ストラヴィンスキー:交響曲ハ調/3楽章の交響曲/八重奏曲/ダンバートン・オークス(フィルハーモニア管/セント・ルークス管/クラフト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557507
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
イーゴリ・ストラヴィンスキー Igor Stravinsky
アーティスト
20世紀古典アンサンブル Twentieth Century Classics Ensemble , ロバート・クラフト Robert Craft , セントルークス管弦楽団 Orchestra of St. Luke's , フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra

ストラヴィンスキー:交響曲ハ調/3楽章の交響曲/八重奏曲/ダンバートン・オークス(フィルハーモニア管/セント・ルークス管/クラフト)

STRAVINSKY, I.: Symphony in C / Symphony in 3 Movements / Octet / Dumbarton Oaks (Craft) (Stravinsky, Vol. 10)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.557507

全トラック選択/解除

イーゴリ・ストラヴィンスキー - Igor Stravinsky (1882-1971)

**:**
八重奏曲

Octet

録音: 1992, SUNY, Purchase, New York, US
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/267849
**:**
»  I. シンフォニア - アレグロ
1.

-

I. Sinfonia: Allegro

**:**
»  II. 主題と変奏
2.

-

II. Theme and Variations

**:**
»  III. フィナーレ
3.

-

III. Finale

 
**:**
協奏曲 変ホ長調 「ダンバートン・オークス」

Concerto in E-Flat Major, "Dumbarton Oaks"

録音: 1991, SUNY, Purchase, New York, US
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/267867
**:**
»  I. テンポ・ジュスト
4.

-

I. Tempo giusto

**:**
»  II. アレグレット
5.

-

II. Allegretto

**:**
»  III. コン・モート
6.

-

III. Con moto

 
**:**
交響曲 ハ調

Symphony in C Major

録音: 16, 17 November 1999, Abbey Road Studio No. 1, London
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/267869
**:**
»  I. モデラー・アッラ・ブレーヴェ
7.

-

I. Moderato alla breve

**:**
»  II. ラルゲット・コンチェルタンテ
8.

-

II. Larghetto concertante

**:**
»  III. アレグレット
9.

-

III. Allegretto

**:**
»  IV. ラルゴ - テンポ・ジュスト、アッラ・ブレーヴェ
10.

-

IV. Largo - Tempo giusto, alla breve

 
**:**
3楽章の交響曲

Symphony in 3 Movements

録音: 14, 15 November 1999, Abbey Road Studio No. 1, London
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/267870
**:**
»  I. 2分音符=80
11.

-

I. half note = 80

**:**
»  II. アンダンテ - インターリュード
12.

-

II. Andante - Interlude

**:**
»  III. コン・モート
13.

-

III. Con moto

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ハイドン、モーツァルトから続く交響曲という形式を用いつつも、その音色もリズムも全く独自に味付けをこらした「新古典主義」の名曲2曲を中心に収録。戦乱のさなか1938~40年に書きあげられた「交響曲ハ調」の機能的な美しさと、1942~45年に書かれた荒々しいリズムと協奏曲的な面を持つ「3楽章の交響曲」。その曲想の対比と、計算されつくした構造には思わず舌を巻くほかありません。輝かしい名演として知られる2枚の録音からの再編集盤です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。