ホーム > アルバム > 8.557591 ラッブラ:ヴァイオリン協奏曲/即興曲(オソストヴィッツ /アルスター管/湯浅卓雄)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557591
CD発売時期
2005年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エドモンド・ラッブラ Edmund Rubbra
アーティスト
アルスター管弦楽団 Ulster Orchestra , クリシア・オソストヴィッツ Krysia Osostowicz , 湯浅卓雄 Takuo Yuasa

ラッブラ:ヴァイオリン協奏曲/即興曲(オソストヴィッツ /アルスター管/湯浅卓雄)

RUBBRA: Violin Concerto, Op. 103 / Improvisations, Op. 89

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.557591

全トラック選択/解除

エドモンド・ラッブラ - Edmund Rubbra (1901-1986)

**:**
Improvisation for Violin and Orchestra, Op. 89
1.
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/99252
 
**:**
ジャイルズ・ファーナビーのヴァージナル小品によるインプロヴィゼーション Op. 50

Improvisations on Virginal Pieces by Giles Farnaby, Op. 50

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/99251
**:**
»  I. Farnaby’s Conceit
2.

-

**:**
»  II. His Dreame
3.

-

**:**
»  III. His Humour
4.

-

**:**
»  IV. Loth to Depart
5.

-

**:**
»  V. Tell me, Daphne
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 Op. 103

Violin Concerto, Op. 103

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/99253
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Poema: Lento ma non troppo
8.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
合唱曲ファンなど、一部のファン層以外では、まだまだ知られていないラッブラですが、当盤は彼の存在はもっと高く評価されてしかるべきだという証明と申せましょう。この感動的なヴァイオリン協奏曲をお聴きください! 決して覚え やすい、口ずさみやすいというタイプのものではないのですが、全楽章とも豊かな旋律が独奏ヴァイオリン、オーケストラの双方に満ちており、その味わいの深さには比類がありません。第1楽章のカデンツァなどを含め、ヴァイオリンの技巧的な取り扱いに関しても、興味深い書法を随所に見せています。併録の2曲も、その溢れんばかりの叙情性には、全く驚かされます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。