ホーム > アルバム > 8.557828 アルヴェーン:ソルバッケンのシュネーヴィ/田舎の物語/エレジー(ノールショッピング響/ヴィレーン)

「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

NMLに収録されている全タイトルを無制限に楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557828
CD発売時期
2007年5月
資料
有料利用者のみ利用可能です
  • ブックレット
  • バックインレイ
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヒューゴ・アルヴェーン Hugo Alfven
アーティスト
ニクラス・ヴィレーン Niklas Willen , ノールショッピング交響楽団 Norrkoping Symphony Orchestra

アルヴェーン:ソルバッケンのシュネーヴィ/田舎の物語/エレジー(ノールショッピング響/ヴィレーン)

ALFVEN: Synnove Solbakken / En Bygdesaga / Elegie

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.557828

全トラック選択/解除

ヒューゴ・アルヴェーン - Hugo Alfven (1872-1960)

27:47
組曲「スールバッケンのシュンネーヴェ」 Op. 50

Synnove Solbakken Suite, Op. 50

録音: 17-18 June 2004, De Geer Hall, Norrköping, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/165917
02:51
»  I. Sondagsmorgon i skogen (Sunday Morning in the Forest)
1.

-

08:42
»  II. Ung karlek – Synnove pa sattern (Young Love – Synnove on the Mountain Pasture)
2.

-

04:58
»  III. Hjartesorg – Pastoral (Poignant Grief – Pastorale)
3.

-

03:27
»  IV. Torbjorn och Synnove (Torbjorn and Synnove)
4.

-

04:23
»  V. Langtan (Yearning)
5.

-

03:26
»  VI. I Solbakken (At Solbakken)
6.

-

 
33:09
組曲「田舎の物語」 Op. 53

En bygdesaga (A Country Tale) Suite, Op. 53

録音: 23-27 May 2005, De Geer Hall, Norrköping, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/165919
3:00
»  I. Introduktion (Introduction)
7.

-

07:45
»  II. Drommeri (Dreams)
8.

-

09:07
»  III. Brottslig karlek – Angest (Guilty Love – Anguish)
9.

-

04:03
»  IV. Svartsjuka – Pastoral (Jealousy – Pastorale)
10.

-

05:35
»  V. Sorgetaget (Funeral March)
11.

-

03:39
»  VI. Vargaskall (Baying of Wolves)
12.

-

 
12:15
エレジー(エミル・シェーグレンの葬儀に) Op. 38
13.

Elegie: Vid Emil Sjogrens bar (At Emil Sjogren's funeral), Op. 38

録音: 23-27 May 2005, De Geer Hall, Norrköping, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/165920
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
アルヴェーンは、生涯に3本の映画のために音楽を書きました。当盤ではそのうちの2つから編まれた組曲を収録しています。いずれも彼の練達のオーケストレーション技術と民俗風味がマッチした、良質の音楽といえましょう。「ソールバッケンのシュノーヴィ」は牧歌的なムードが強く、フィドルを思わせるかのように、ヴァイオリン・ソロがあちこちに顔を出します。農村における不倫物語を題材とした「ビュグデサガ」は全体に暗い雰囲気に包まれていますが、こちらではよりシンフォニックな表現が目立ちます。「エレジー」は典型的な葬送曲ですが、途中で登場する甘く切ない旋律がとりわけ印象的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。