ホーム > アルバム > 8.559158 ホヴァネス:交響曲第22番/チェロ協奏曲(シュタルケル/シアトル響/ホヴァネス)

ホヴァネス:交響曲第22番/チェロ協奏曲(シュタルケル/シアトル響/ホヴァネス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559158
CD発売時期
2004年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アラン・ホヴァネス Alan Hovhaness
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , ヤーノシュ・シュタルケル Janos Starker , デニス・ラッセル・デイヴィス Dennis Russell Davies , アラン・ホヴァネス Alan Hovhaness

ホヴァネス:交響曲第22番/チェロ協奏曲(シュタルケル/シアトル響/ホヴァネス)

HOVHANESS: Symphony No. 22 / Cello Concerto

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559158

全トラック選択/解除

アラン・ホヴァネス - Alan Hovhaness (1911-2000)

**:**
チェロ協奏曲 Op. 17

Concerto for Cello and Orchestra, Op. 17

録音: 19 March 1999, Benaroya Hall, Seattle, WA, United States
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/37120
**:**
»  Andante - Maestoso
1.

-

**:**
»  Allegro
2.

-

**:**
»  Andante
3.

-

 
**:**
交響曲第22番 「光の都市」 Op. 236

Symphony No. 22, Op. 236, "City of Light"

録音: May 1992, Seattle Center Opera House
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/37119
**:**
»  Allegro moderato
4.

-

**:**
»  Angel of Light
5.

-

**:**
»  Allegretto grazioso
6.

-

**:**
»  Finale: Largo maestoso
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
東洋と西洋、古代と現代の融合を指向し、その音楽はさしずめ森羅万象の響きと言える、全く独自の世界を展開したアメリカ現代音楽の先駆者ホヴァネス。彼は、その後のミニマル派や、今日もてはやされるペルトやラウタヴァーラらも、その延長線上にあると言っても過言ではないほどの偉人なのです。ホヴァネスは30歳を目前にして、何と一千曲近い自作曲を破棄、その際に残された数曲の一つが「チェロ協奏曲」でした。当盤は、世界的名手シュタルケルを起用した世界初録音です。空想の都市を描いた「交響曲第22番」は作曲者自身の指揮。正にファンには垂涎の音源2曲が揃いました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。