ホーム > アルバム > 8.559161 ピストン:交響曲第2番, 第6番(シアトル響/シュワルツ)

ピストン:交響曲第2番, 第6番(シアトル響/シュワルツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559161
CD発売時期
2003年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ウォルター・ピストン Walter Piston
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , ジェラード・シュウォーツ Gerard Schwarz

ピストン:交響曲第2番, 第6番(シアトル響/シュワルツ)

PISTON: Symphonies Nos. 2 and 6

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559161

全トラック選択/解除

ウォルター・ピストン - Walter Piston (1894-1976)

**:**
交響曲第2番

Symphony No. 2

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/38443
**:**
»  Moderato
1.

-

**:**
»  Adagio
2.

-

**:**
»  Allegro
3.

-

 
**:**
交響曲第6番

Symphony No. 6

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/38444
**:**
»  Fluendo espressivo
4.

-

**:**
»  Scherzo: Leggerissimo vivace
5.

-

**:**
»  Adagio sereno
6.

-

**:**
»  Allegro energico
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
タイトルもなく、楽章が単なる「アレグロ」だったりと、ほとんど18世紀のような交響曲に拘り続け、調性の枠組みで作曲をするということは、安直なことかといえば否、むしろ茨の道といえましょう。独特の快活さを持つ急速楽章と洗練された美しさに貫かれた緩徐楽章には、確かな個性の刻印があり、当たり前すぎる形式で独自の内容を表現するという離れ業をやってのけているのが、ピストンなのです。例えば第2番の第2楽章、アダージョでの美しい歌の数々をお聴きくだされば、そのことを感得していただけるのではないでしょうか。また、全曲を通じてオーケストレーションの職人芸の確かさは特筆ものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。