ホーム > アルバム > 8.559162 ピストン:交響曲第4番/ニューイングランドの3つの情景(シアトル響/シュワルツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559162
CD発売時期
2003年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ウォルター・ピストン Walter Piston
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , ジェラード・シュワルツ Gerard Schwarz , Therese Elder Wunrow

ピストン:交響曲第4番/ニューイングランドの3つの情景(シアトル響/シュワルツ)

PISTON: Symphony No. 4 / Three New England Sketches

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559162

全トラック選択/解除

ウォルター・ピストン - Walter Piston (1894-1976)

**:**
交響曲第4番

Symphony No. 4

録音: 1991, Seattle Center Opera House, Seattle, WA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/37348
**:**
»  Piacevole
1.

-

**:**
»  Ballando
2.

-

**:**
»  Contemplativo
3.

-

**:**
»  Energico
4.

-

 
**:**
Capriccio for Harp and String Orchestra
5.
録音: 1991, Seattle Center Opera House, Seattle, WA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/37349
 
**:**
Three New England Sketches

録音: 1991, Seattle Center Opera House, Seattle, WA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/37350
**:**
»  Seaside (Adagio)
6.

-

**:**
»  Summer Evening (Delicato)
7.

-

**:**
»  Mountains (Maestoso; Risoluto)
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ミネソタ大学創立100周年記念のために作曲された交響曲第4番は、いわばミネソタ讃歌ともいうべき内容を持っているといってよいでしょう。全編がポジティヴな活気に満ちあふれ、リズムとオーケストレーションの多彩さは、目を瞠るばかりです。カントリー音楽の引用も登場しますが、ご当地っぽい響きが随所に聴かれるのも魅力の一つです。そしてさらに素晴らしいかもしれないのが「カプリッチョ」! たった10分の小品ですが、この中に静から動まで、ハープという楽器のあらゆる魅力が濃縮還元されており、聴けば必ずこの楽器のもつ豊かな可能性を再認識するという、目からウロコの大傑作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。