ホーム > アルバム > 8.559183 セレブリエール:交響曲第3番/弦楽のための哀歌/幻想曲(トゥールーズ国立室内管/セレブリエール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559183
CD発売時期
2003年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ホセ・セレブリエール José Serebrier
アーティスト
ローラン・ル・シュナデック Laurent Le Chenadec , ホセ・セレブリエール José Serebrier , トゥールーズ国立室内管弦楽団 Toulouse National Chamber Orchestra , キャロル・ファーリー Carole Farley , Renaud Gruss , Sandrine Tilly , Xinum Choir , Yi Yao

セレブリエール:交響曲第3番/弦楽のための哀歌/幻想曲(トゥールーズ国立室内管/セレブリエール)

SEREBRIER: Symphony No. 3 / Elegy for Strings / Fantasia

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559183

全トラック選択/解除

ホセ・セレブリエール - José Serebrier (1938-)

**:**
Symphony No. 3 (Symphonie mystique)

録音: 21-23 January 2003, Salle Henri Martin, Toulouse, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/39569
**:**
»  Presto
1.

-

**:**
»  Lento
2.

-

**:**
»  Andante mosso
3.

-

**:**
»  Andante comodo
4.

-

 
**:**
パッサカリアと常動曲(無窮動)

Passacaglia and Perpetuum Mobile

録音: 21-23 January 2003, Salle Henri Martin, Toulouse, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/39570
**:**
»  Passacaglia
5.

-

**:**
»  Perpetuum mobile
6.

-

 
**:**
Variations on a Theme from Childhood
7.
録音: 21-23 January 2003, Salle Henri Martin, Toulouse, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/39571
 
**:**
Elegy for Strings
8.
録音: 21-23 January 2003, Salle Henri Martin, Toulouse, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/39572
 
**:**
モメント・プシコロジコ
9.

Momento psicologico

録音: 21-23 January 2003, Salle Henri Martin, Toulouse, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/39573
 
**:**
Fantasia
10.
録音: 21-23 January 2003, Salle Henri Martin, Toulouse, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/39574
 
**:**
Dorothy and Carmine!
11.
録音: 21-23 January 2003, Salle Henri Martin, Toulouse, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/39575
 
**:**
George and Muriel
12.
録音: 21-23 January 2003, Salle Henri Martin, Toulouse, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/39576
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ウルグアイ出身でアメリカを中心に活躍する、知る人ぞ知る名指揮者セレブリエール。彼の作曲者としての顔は知られておらず、世界初録音を含む当盤は聴き手を驚かせることでしょう。「哀歌」は作曲時14歳とは思えない、深い悲しみに満ちています。21世紀の作品「交響曲第3番」は、副題とは無縁の激動で開始しますが、冥界を漂うようなソプラノ・ソロが加わる終楽章には思わずゾクゾク。ストコフスキーが関わったあの名画「ファンタジア」を意識(中身は全く違いますが...)した同名の合奏曲、アコーディオン(5、6)やファゴット(7)をソロとする協奏的作品、コントラバス合奏と合唱のアンサンブル(12)など、職人芸をご堪能ください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。