ホーム > アルバム > 8.559365 フット:フランチェスカ・ダ・リミニ/オマル・ハイヤームの「ルバイヤート」による4つの性格的小品/組曲/セレナード(抜粋)(シアトル響/シュウォーツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559365
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アルトゥール・フット Arthur Foote
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , ジェラード・シュウォーツ Gerard Schwarz

フット:フランチェスカ・ダ・リミニ/オマル・ハイヤームの「ルバイヤート」による4つの性格的小品/組曲/セレナード(抜粋)(シアトル響/シュウォーツ)

FOOTE, A.: Francesca da Rimini / 4 Character Pieces after the Rubaiyat of Omar Khayyam / Suite / Serenade (excerpts) (Seattle Symphony, Schwarz)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559365

全トラック選択/解除

アルトゥール・フット - Arthur Foote (1853-1937)

**:**
フランチェスカ・ダ・リミニOp. 24
1.

Francesca da Rimini, Op. 24

録音: 24 February 1997, Seattle Center Opera House, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/269425
 
**:**
セレナード Op. 25 (抜粋)

Serenade, Op. 25 (excerpts)

録音: 5 January 2007, Benaroya Hall, Seattle, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/269431
**:**
»  II. Air
2.

-

**:**
»  V. Gavotte
3.

-

 
**:**
オマル・ハイヤームの「ルバイヤート」による4つの性格的小品 Op. 48

4 Character Pieces after the Rubaiyat of Omar Khayyam, Op. 48

録音: 24 February 1997, Seattle Center Opera House, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/282879
**:**
»  No. 1. Andante comodo
4.

-

**:**
»  No. 2. Allegro deciso - Più moderato
5.

-

**:**
»  No. 3. Comodo
6.

-

**:**
»  No. 4. Andante ben marcato - Molto allegro
7.

-

 
**:**
組曲 ホ長調 Op. 63

Suite in E Major, Op. 63

録音: 12 November 2004, 11 February 2005, Benaroya Hall, Seattle, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/282893
**:**
»  I. Praeludium: Allegro comodo
8.

-

**:**
»  II. Pizzicato and Adagietto: Capriccioso - Allegretto
9.

-

**:**
»  III. Fugue: Allegro giusto
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2009/07/29
人は「アメリカ近代音楽の歴史はコープランド、もしくはガーシュウイン、コール・ポーターから始まった」と考えているはずです。しかし、それ以前にすぐれた作曲家が存在したことも忘れてはなりません。このフット(1853-1937)もそんな才能溢れる作曲家の一人です。1853 年にマサチューセッツのサレムに生まれ、主にボストンで生活していましたが、彼の作風はこのアルバムをお聴きいただいてもわかる通り、同世代の作曲家たちとは一線を画したものでまさにヨーロッパ風。それもブラームスの流れを汲むロマン派の音楽そのものです。劇的で重厚な「フランチェスカ・ダ・リミニ」。とりわけ弦の扱いには細心の注意が払われ、エルガーやチャイコフスキーの面影を感じさせる「セレナーデ」、他、小さな作品など、まさに隠れた名品ばかりが並びます

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。