ホーム > アルバム > 8.559635 ドアティ:メトロポリス・シンフォニー/デウス・エクス・マキナ(ウィルソン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559635
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
マイケル・ドアティ Michael Daugherty
アーティスト
テレンス・ウィルソン Terrence Wilson , メアリー・キャスリン・ヴァン・オズデイル Mary Kathryn van Osdale , エリック・グラットン Érik Gratton , ジャンカルロ・ゲレーロ Giancarlo Guerrero , ナッシュヴィル交響楽団 Nashville Symphony Orchestra , アン・リチャーズ Ann Richards

ドアティ:メトロポリス・シンフォニー/デウス・エクス・マキナ(ウィルソン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ)

DAUGHERTY, M.: Metropolis Symphony / Deus ex Machina (T. Wilson, Nashville Symphony, Guerrero)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559635

全トラック選択/解除

マイケル・ドアティ - Michael Daugherty (1954-)

**:**
メトロポリス・シンフォニー

Metropolis Symphony

録音: 20-22 November 2008, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, Tennessee, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/333075
**:**
»  I. Lex
1.

-

**:**
»  II. Krypton
2.

-

**:**
»  III. MXYZPTLK
3.

-

**:**
»  IV. Oh, Lois!
4.

-

**:**
»  V. Red Cape Tango
5.

-

 
**:**
デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)

Deus ex Machina

録音: 31 May - 2 June 2007, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, Tennessee, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/333160
**:**
»  I. Fast Forward (Di andata veloce)
6.

-

**:**
»  II. Train of Tears
7.

-

**:**
»  III. Night Steam
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2011/02/17
世界最大の音楽アワード「グラミー賞」2010年の結果が発表されました。惜しくも最優秀アルバム賞はムーティ(ヴェルディ:レクイエム CSOR9011006 )に奪われましたが、最優秀オーケストラ演奏賞、最優秀録音賞、最優秀ソリスト賞、最優秀現代作曲賞、の5部門でナクソスのアルバムが選ばれました!その中から3部門を受賞したドアティのアルバムをご紹介します。いきなりホイッスルで始まるスーパーマンをモティーフにした好奇心をそそるメトロポリス・シンフォニー、ピアノが協奏的に使われている「デウス・エクス・マキナ」は、列車を音楽にした作品。鉄道ファン必聴です。
レビュアー: f r o g 投稿日:2011/02/19
こんな見たことも、聴いたことも無い作曲家、作品(失礼!)にグラミー賞をやるアメリカと言う国の懐の深さを感じます。聴けば、面白い。マンガチックで、真剣にふざけている、良く練られている、ロマンティックでもあり、楽しい。距離感のある、焦点をはずさぬ録音(ライヴ!)もいい、演奏は上手い。受賞も納得。こんな作品に目をつけ、しっかり録音、演奏した  naxos、ゲレーロ、ナッシュヴィル響は、エライ。ちゃんと見ている人が居て、ちゃんと評価してくれるのですね。受賞おめでとうございます。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
1938年に原作ジェリー・シーゲルおよび作画ジョー・シャスターにより、アクション・コミックス誌第1号で初登場した世紀のヒーロー、スーパーマン。このメトロポリス・シンフォニーは彼の生誕50周年を記念してドアティがより現代的なモティーフを用いて作曲、5年の歳月をかけて完成されたものです。各々の楽章にはスーパーマンに関係した名称が与えられ、例えば第1楽章では、彼の宿敵であるレックス・ルーサーはヴァイオリンの超絶技巧で表現されるという奇想天外な作品となっています。もう1つの作品である「デウス・エクス・マキナ」は列車を音楽にした作品。「鉄」の方々必聴のアイテムと言えるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。